遺伝病について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数849
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート遺伝病気生物

    代表キーワード

    遺伝病気

    資料紹介

    1. はじめに
     私は「遺伝病」と聞いたとき、親や祖父母などからの遺伝でなる病気で、思い浮かんだ病気は「癌」くらいかなぁ、としか考えていませんでした。
     しかし色々と調べるうちに、沢山のことを学び、今は正常であっても、もしかしたら自分もいつか・・・と考えさせられました。
    2. 遺伝病とは
     親から子、子から孫というように祖先から子孫に代々伝わるような疾患や、兄弟や血族の者の中に同じような疾患が現れたとき、遺伝病(遺伝性疾患)という。
    ただし、例外もある。
    3. 遺伝病の判断
     病気は先天性(遺伝的原因)のものと後天性(非遺伝的、環境的原因)のものがある。ただし、遺伝病の観点から考えると、この2つの区別は難しい。
     例えば、母子体内(胎生期)に母体が高熱に冒される、風疹になるなど、生まれてくる子供が何らかの病気や障害を持っていることがあったとする。この場合、先天性のものなのか、母体の環境条件の影響による後天性のものなのか判断が難しい。
     また、生後にかかる病気の種類は非常に多い。ある年齢で発病したとする。これは環境的なもので、後天性の病気という判断は間違いの可能性がある。病気の種類によって発病年齢というものがある。これは生後では正常であっても、その年齢(付近)に達したときに発病した場合、後天性の病気ではなく、先天性の遺伝による病気の可能性がある。
    4. 遺伝病の例
    「遺伝病」というものは、皮膚や毛など外見で判断できるもの(白子、若禿や短指症など)や、血液や消化器系などの器官系のもの(貧血、喘息や白内障など)、精神系などの内的なもの(精神薄弱など)がある。
     私の中では、「遺伝病」と言えば「癌」というイメージが強いので、ここでの遺伝病の例として述べていく。
     まず、癌とは、細胞DNAが幾重もの突然変異が積み重なって発生するもの。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    遺伝病について
    はじめに
    私は「遺伝病」と聞いたとき、親や祖父母などからの遺伝でなる病気で、思い浮かんだ病気は「癌」くらいかなぁ、としか考えていませんでした。
    しかし色々と調べるうちに、沢山のことを学び、今は正常であっても、もしかしたら自分もいつか・・・と考えさせられました。
    遺伝病とは
    親から子、子から孫というように祖先から子孫に代々伝わるような疾患や、
    兄弟や血族の者の中に同じような疾患が現れたとき、遺伝病(遺伝性疾患)という。
    ただし、例外もある。
    遺伝病の判断
    病気は先天性(遺伝的原因)のものと後天性(非遺伝的、環境的原因)のものがある。ただし、遺伝病の観点から考えると、この2つの区別は難しい。
    例えば、母子体内(胎生期)に母体が高熱に冒される、風疹になるなど、生まれてくる子供が何らかの病気や障害を持っていることがあったとする。この場合、先天性のものなのか、母体の環境条件の影響による後天性のものなのか判断が難しい。
    また、生後にかかる病気の種類は非常に多い。ある年齢で発病したとする。これは環境的なもので、後天性の病気という判断は間違いの可能性がある。病気の種類によって発病年齢と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。