地学の課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数361
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    1.火成岩には、化学組成の多様性がみられる。その理由を説明せよ。
    火成岩とは、マグマが冷却固化してできた一次的な岩石のことを示す。
    ・火山岩
    地上または地表近くで急速に冷え固まったもの。
    構成鉱物は大粒の結晶になるひまがなく一般に細粒である。
    結晶度が低く、ガラス質の部分が多い事がある。
    ・深成岩
    地下深所でゆっくり冷え固まったもの。
    岩石の組織が完全に結晶した鉱物より成っており、結晶は粗粒の鉱物の集合体。
    ・半深成岩
    地下浅所で中間の早さで冷え固まったもの。
    (火山岩と深成岩の中間型の岩石)
    岩盤の比較的狭いところで固結したもの。
    と、分類される。
    これらのように同じ成分であるマグマであっても出来る過程が異なり、マグマ内に含まれる成分(SiO2など)の量が固化する際に状況(温度や固化にかかる時間など)によってそれぞれ異なるために、岩石の成分に差が生じるため、化学組成の多様性がみられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題 2005
    火成岩には、化学組成の多様性がみられる。その理由を説明せよ。
    火成岩とは、マグマが冷却固化してできた一次的な岩石のことを示す。
    火山岩
    地上または地表近くで急速に冷え固まったもの。
    構成鉱物は大粒の結晶になるひまがなく一般に細粒である。
    結晶度が低く、ガラス質の部分が多い事がある。
    深成岩
    地下深所でゆっくり冷え固まったもの。
      岩石の組織が完全に結晶した鉱物より成っており、結晶は粗粒の鉱物の集合体。
    半深成岩
    地下浅所で中間の早さで冷え固まったもの。
    (火山岩と深成岩の中間型の岩石)
    岩盤の比較的狭いところで固結したもの。
    と、分類される。
    これらのように同じ成分で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。