フランク王国の盛衰とその文化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数790
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    次にカール大帝の戴冠について見ていく。小ピピンの子であるカール大帝(シャルルマーニュ)は、まず教皇の要請でイタリアに出兵、ロンバルト王国を滅ぼし、北はゲルマン民族の一派サクソン族を討ちキリスト教化し、東はモンゴル系アヴァール族をしりぞけ、南はイスラム教徒と戦い破って、西ヨーロッパの大部分を統一した。こうして大フランク王国をつくり上げたカール大帝は、この大国の統治に当たって、中央集権化をはかり、全国を多くの州に分け、各州に伯を置いて統治させた。 伯にはそれぞれの地方の有力者を任命し、巡察使を派遣して伯を監督させた。彼はまた、学問や文芸の復興をはかり、イギリスの神学者のアルクインらを招き、教育や文化を保護・奨励し、いわゆるカロリング=ルネサンスを現出したのである。800年のクリスマスの日、カール大帝は聖ペテロ聖堂で礼拝中に教皇レオ三世からローマ皇帝の帝冠を授けられた。教皇レオ三世はフランク王国を支配するカール大帝なら東ローマ皇帝と対等な権威になれるとみて、カール大帝をローマ皇帝になり上げたのである。このカールの戴冠は政治的・宗教的・文化的意義を持つ重要な出来事であった。政治的意義は、西ヨーロッパ世界がビザンツ(東ローマ)帝国に対抗できる一つの政治的勢力としてまとまり、東ローマ帝国から独立し、西ヨーロッパ世界が成立したことである。その意味から、ゲルマン人であるカール大帝に与えられたのは、西ローマ皇帝の帝冠であり、これによって「西ローマ帝国」が復活したとみなしている。そして宗教的意義は、フランクを後ろ盾としてローマ=カトリック教会がビザンツ帝国(東ローマ)皇帝から独立した地位を得たことである。また文化的意義としては、ギリシア・ローマの古典文化の要素とキリスト教的要素に、新たにゲルマン的要素が加わり、ヨーロッパ文化圏が成立したことがあげられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

               <フランク王国の盛衰とその文化>                
      まず、フランク王国の成立から見ていくことにする。フランク族はゲルマン民族の一部だった、ゲルマン民族大移動が行われ、フランク族はいくつかの支族に分かれ、ライン川の東岸、中、下流に定住し、四世紀頃にはライン川を越え北ガリア地方へと進出していった。ここで注目すべき点は、ほかのゲルマン諸族が原住地を離れ大移動したのに対し、フランク族は原住地を確保しつつ、移動は短距離しか行わなかったという点である。地盤をかためつつ、無駄なリスクを負わないことで、以後の発展につながっていくのである。ゲルマン人はそもそもローマ帝国で異端とされたアリウス派(325年に異端とされる)を信仰していたが、481年にフランク族を統一し「メロヴィング朝」を創始したクローヴィスが臣下約3000人とともに正統のアタナシウス派に改宗し、この改宗が功を奏し、というよりクローヴィスが陰謀と奸計を得意とした点から見ると、計画的であったのだろうが、ローマ系出身者、ローマ教会と提携し力を伸ばすことができた。以後フランク族はアラマン族・ブルグンド族・西ゴ..

    コメント1件

    ja062057 購入
    参考になった。。
    2006/09/25 12:45 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。