現代ロシア史研究の現在

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数863
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「行動の作家」ジョージ・オーウェルの名作に『動物農場』という作品がある。終戦直後にイギリス・アメリカで刊行され大好評を博し、次々と外国語に翻訳されたこの作品は、あまりにも有名なので説明の必要はないと思うが、あえて粗筋を述べると次のようである。「荘園農場」の動物たちは家畜として人間に支配され、使役され、搾取されて、悲惨な生活を送ってきた。ある夜一匹の老豚が、農場の動物たちに人間の支配の不当性を説き、動物たちの大同団結による人間の打倒を訴えた。老豚の死後、彼の遺志を受け継いだ豚たちは農場の動物たちを組織して農場の人間を追放し、すべての動物が平等な「動物農場」を建設する。しかし、指導者となった豚たちはやがて権力を恣にして私利私欲を追求するようになり、暴力と宣伝を駆使して見かけ上の平等を維持しながら他の動物たちを支配する体制を作り上げる。動物たちは人間がいた頃よりもひどい生活に苦しむことになり、その一方で豚たちは動物たちからの搾取で贅沢な暮らしを送り、ついには二本足で歩くようになり、かつて「敵」としてあれほど忌み嫌った人間そっくりになっていく・・・・・・
     様々な動物たちが互いに言葉を話してコミュニケーションをとるという一見子供だましなこの寓話がかくも有名なのは、ロシア革命後のソビエト連邦(ロシア共産党)の見事な諷刺になっているからである。人物的な対応関係で言えば、「動物共和国」を予言した豚、メージャー爺さんはマルクスおよびレーニンであり、独裁豚ナポレオンはスターリン、ナポレオンのライバル豚スノーボールはトロツキー、ナポレオンが手なずけた9匹の猛犬は国家秘密警察(GPU)、シュプレヒ・コールを繰り返す羊たちは青年共産主義同盟、「荘園農場」の農場主のジョーンズ氏はロシア皇帝ニコライ2世であり、フォックスウッドの農場主ピルキントン氏はイギリス、ピンチフィールドの農場主のフレデリック氏はドイツと比定できる(農場きってのインテリロバ、ベンジャミンは作者オーウェル自身であろうか)。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「行動の作家」ジョージ・オーウェルの名作に『動物農場』という作品がある。終戦直後にイギリス・アメリカで刊行され大好評を博し、次々と外国語に翻訳されたこの作品は、あまりにも有名なので説明の必要はないと思うが、あえて粗筋を述べると次のようである。「荘園農場」の動物たちは家畜として人間に支配され、使役され、搾取されて、悲惨な生活を送ってきた。ある夜一匹の老豚が、農場の動物たちに人間の支配の不当性を説き、動物たちの大同団結による人間の打倒を訴えた。老豚の死後、彼の遺志を受け継いだ豚たちは農場の動物たちを組織して農場の人間を追放し、すべての動物が平等な「動物農場」を建設する。しかし、指導者となった豚たちはやがて権力を恣にして私利私欲を追求するようになり、暴力と宣伝を駆使して見かけ上の平等を維持しながら他の動物たちを支配する体制を作り上げる。動物たちは人間がいた頃よりもひどい生活に苦しむことになり、その一方で豚たちは動物たちからの搾取で贅沢な暮らしを送り、ついには二本足で歩くようになり、かつて「敵」としてあれほど忌み嫌った人間そっくりになっていく・・・・・・
     様々な動物たちが互いに言葉を話して..

    コメント1件

    bd20028 購入
    短いが、内容は的を得ていし、わかりやすい。良質。
    2005/12/19 0:19 (11年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。