微生物を利用した環境浄化

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,973
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1,放射能汚染という環境問題
      近年、放射能汚染による被害が深刻に起きている。たとえば、1986年4月26日、ソビエトの原子力発電所事故が起きた。原発事故により広島原爆の600倍(セシウム137で比較)ともいわれる放射能が北半球全体にばらまかれ、広大な地域が汚染され、数多くの被爆者が生み出された。今年、事故から19年目を迎えるが、被災地では今も放射能汚染と被曝が続いている。また、イラク戦争では、12年前の湾岸戦争に引き続き、米・英軍により大量の劣化ウラン兵器が使用された。今回の戦争では、従来の対戦車砲などの通常弾に加 えて、バンカーバスター、精密誘導弾、巡航ミサイルなどの兵器で桁違いの量の劣化ウランが、人工密集地帯のバクダッドをはじめ、イラク全土に撃ち込まれ、 まき散らされたことは間違いない。 劣化ウランとは、原発などの燃料として天然ウランからウラン235を濃縮したときに出る残りカスで、成分のほとんどは半減期45億年の放射性物質・ウラン238である。この汚染によって、数多くの病人や、奇形児が生まれている。
    放射能汚染の問題点は主に3つある。1つめは、土壌や農作物への汚染である。地表や水が放射能で汚染されると植物・農作物が汚染される。汚染された土地に棲み、よごれた水を飲み、汚染された植物を食べる動物はさらに体内に放射能を蓄積することになる。放射能による食品汚染は汚染された地域だけに限られた問題ではない。チェルノブイリでは、1500キロ以上も離れたスカンジナビア半島にすむトナカイをはじめとして、イタリア、ギリシャ、フランス、を含むヨーロッパ諸国の野菜、家畜、ハーブ 、キノコ類など多種類の食品が汚染された。2つめは、人体に蓄積されて、ガンや奇形児などを発症させる点である。放射線被曝は、ガンを発生させ、さまざまな病気に対する抵抗力を弱め、老化を早める。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科学トピックス課題 黒澤先生担当
    極限環境微生物を利用した環境浄化
    ~ウランを分解する微生物~
    放射能汚染という環境問題
      近年、放射能汚染による被害が深刻に起きている。たとえば、1986年4月26日、ソビエトの原子力発電所事故が起きた。原発事故により広島原爆の600倍(セシウム137で比較)ともいわれる放射能が北半球全体にばらまかれ、広大な地域が汚染され、数多くの被爆者が生み出された。今年、事故から19年目を迎えるが、被災地では今も放射能汚染と被曝が続いている。また、イラク戦争では、12年前の湾岸戦争に引き続き、米・英軍により大量の劣化ウラン兵器が使用された。今回の戦争では、従来の対戦車砲などの通常弾に加 えて、バンカーバスター、精密誘導弾、巡航ミサイルなどの兵器で桁違いの量の劣化ウランが、人工密集地帯のバクダッドをはじめ、イラク全土に撃ち込まれ、 まき散らされたことは間違いない。 劣化ウランとは、原発などの燃料として天然ウランからウラン235を濃縮したときに出る残りカスで、成分のほとんどは半減期45億年の放射性物質・ウラン238である。この汚染によって、数多くの病人や、奇形児が生..

    コメント2件

    conspirito 購入
    参考になりました。
    2006/07/22 21:49 (10年4ヶ月前)

    kayama 購入
    大変参考になりました。
    2006/09/24 19:06 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。