日本の臓器移植と諸外国と比較

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数3,029
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ?序論
    日本でのドナーカードの所持率は、4.2%(平成14年現在)と低さが目立っている。これは、なぜなのであろうか。また、日本と諸外国の臓器移植ではどのような共通点、相違点があるのか。これから、日本の臓器移植はどのようにあるべきかを考察する。
    ?方法
    ・日本の臓器移植概論
    ・外国の臓器移植概論
     中国、ドイツ、アメリカ、東南アジアなど
    ・日本人の臓器移植観 
    ・これからの臓器移植の展望
    ?結論
    日本の臓器移植概論
    ・臓器移植とは?
     日常の生活の中で機能が低下したものや、事故や病気で機能を失ってしまった臓器を第三者からの臓器提供によって患者の命を救う医療。ドナー、レシピエント、コーディネーター、医師によって成り立つ。脳死時提供可能すい臓・小腸・眼球・皮膚、心臓弁、血管、耳小骨、気管、骨などのいわゆる組織 (心臓死時は、腎臓・すい臓・眼球・皮膚などの組織)。
    ・脳死状態とは?
     頭部外傷や脳卒中などによって、呼吸などを支配している脳の機能が失われ、二度と回復しない状態を言う。日本を含む世界のほとんどの国々で、脳死を人の死としている(日本は臓器提供時のみ)
    ・脳死判定方法                    (1)前提条件と除外例
     脳死診断を行う患者の前提条件は
    1.器質的に脳が障害されている、
    2.深昏睡・ 無呼吸である、 
    3.脳障害の原因が確実に診断されている、 
    4.適切な治療をもってしても回復不能である
    の4点である。
     しかし、以下の患者に対しては、脳死の診断をしてはならないことになっている。

    (除外例)
    1.6歳未満の小児は除外される
    2.また、薬物中毒、32℃以下の低体温、代謝・内分泌障害などの症例では、脳死と非常に紛らわしい状態になることもあるので、脳死の診断から除外する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の臓器移植と諸外国と比較
    Ⅰ序論
    日本でのドナーカードの所持率は、4.2%(平成14年現在)と低さが目立っている。これは、なぜなのであろうか。また、日本と諸外国の臓器移植ではどのような共通点、相違点があるのか。これから、日本の臓器移植はどのようにあるべきかを考察する。
    Ⅱ方法
     ・日本の臓器移植概論
     ・外国の臓器移植概論
       中国、ドイツ、アメリカ、東南アジアなど
     ・日本人の臓器移植観 
    ・これからの臓器移植の展望
    Ⅲ結論
     (ⅰ)日本の臓器移植概論
       ・臓器移植とは?
         日常の生活の中で機能が低下したものや、事故や病気で機能を失ってしまった臓器を第三者からの臓器提供によって患者の命を救う医療。ドナー、レシピエント、コーディネーター、医師によって成り立つ。脳死時提供可能な臓器は、心臓・肺・肝臓・腎臓・すい臓・小腸・眼球・皮膚、心臓弁、血管、耳小骨、気管、骨などのいわゆる組織 (心臓死時は、腎臓・すい臓・眼球・皮膚などの組織)。
       ・脳死状態とは?
         頭部外傷や脳卒中などによって、呼吸などを支配している脳の機能が失われ、二度と回復しない状態を言う。日本を..

    コメント1件

    nekotyann 購入
    とても参考になりました。
    2005/11/15 13:35 (11年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。