アパレル産業に関するSCP分析とユニクロの現状

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,300
ダウンロード数45
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    大手企業の倒産・不振等、バブル崩壊後の小売厳寒の時代が訪れている。バブル崩壊以降、消費者がどういう商品を求めているのかが不鮮明になってきている。一時は安価・低〜中価格というだけで業績を伸ばす企業もみられたが、市場にはすでに安価な製品があふれていて、顧客が安価ということだけで購入する時代は終わっている。
     小売り業にとって、売上を増やすためには、流行にあわせた品揃えが重要であり、もはや安価というだけでは競争に勝てなくなっている。実際、アメリカ最大手のWal-Mart は1週間毎に品揃え見直しを行っているという。このことは、時間がかかる遠距離ではなく、流行に迅速に対応できる近距離立地の生産拠点が優位に立つことを意味しているといえる。 
    常にアンテナを張り巡らせ、消費者の動向に合わせて迅速な行動力を持つことが、企業間での格差につながる。どの産業に関してもいえることだが、常に次を考える発想力、想像力が必要不可欠である。要するに、顧客が欲しそうな商品を開発するだけでなく、欲しい商品が見つけやすい店舗を提供するなど、事業全体の構想力が問われることになる。....
    不況期にありながらユニクロはなぜここまで売り切る力を持っているのか。様々な要因が考えられるが、ポイントは現場の従業員の危機感にあるだろう。単品を重点的に販売する戦略をとって成功したゆえ、それを売らなければ他に売る商品がないのだ。そのため、現場の従業員の全エネルギーはフリースをいかに売りきるかに注がれる。
    また、Tシャツは、単一のものではなくサイズ、色、柄、デザインなど実に多種多様である。さらにユニクロは理由の如何にかかわらず、購入から3ヶ月間はいつでも返品・交換に応じる、としている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『アパレル産業に関するSCP分析とユニクロの現状』
     大手企業の倒産・不振等、バブル崩壊後の小売厳寒の時代が訪れている。バブル崩壊以降、消費者がどういう商品を求めているのかが不鮮明になってきている。一時は安価・低~中価格というだけで業績を伸ばす企業もみられたが、市場にはすでに安価な製品があふれていて、顧客が安価ということだけで購入する時代は終わっている。
     小売り業にとって、売上を増やすためには、流行にあわせた品揃えが重要であり、もはや安価というだけでは競争に勝てなくなっている。実際、アメリカ最大手のWal-Mart は1週間毎に品揃え見直しを行っているという。このことは、時間がかかる遠距離ではなく、流行に迅速に対応できる近距離立地の生産拠点が優位に立つことを意味しているといえる。 
    常にアンテナを張り巡らせ、消費者の動向に合わせて迅速な行動力を持つことが、企業間での格差につながる。どの産業に関してもいえることだが、常に次を考える発想力、想像力が必要不可欠である。要するに、顧客が欲しそうな商品を開発するだけでなく、欲しい商品が見つけやすい店舗を提供するなど、事業全体の構想力が問われるこ..

    コメント1件

    emihokomot 購入
    ユニクロの成功の鍵を抽出するには、自分で本文を読み考えなくてはいけないが、広く浅く掴むにはとても良い資料となりました。
    2006/02/09 14:01 (10年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。