保険の教訓

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数225
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保険家族契約自由商品代理内容事故自分

    代表キーワード

    家族保険の教訓

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      保険の教訓
           
    私は今回の作文で保険に関する教訓をいくつか挙げたいと思う。
    そもそも、日本人は契約に無頓着すぎる傾向がある。書類に判を押したりサインをするということは、そこに書かれていること全てを承諾するということなのは、今さら言うまでもない。
    保険に新しく加入するときは当然のこと、特に注意が必要なのが損害保険を継続する時だ。毎年自分の契約内容を確認しているだろうか。昨年と同じ内容でいいと、契約書の内容も確認せずに更新していないか。自動車保険を例に取ると、家族状況(子供が免許を取ったなど)や車の使い方(友人に運転させるかなど)は変わることもあるだろう。年齢限定や家族限定を始めとする限定条件は、その条件に当てはまらない人が運転をして事故を起こした場合、どんな理由があろうとも、一切保険金は支払われない。事故があってから「そんなつもりではなかった。」では済まされないのだ。
    そうは言っても、保険業界も自由化が進み、ますます商品内容が複雑になってきている中で、自分で全ての内容を理解するのは無理というものだろう。そのために、プロフェッショナルな代理店と付き合うことも、極めて重要だ。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。