映画から見る現実の青年期

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,620
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    青春、青年、綿血という言葉は生活、成長していく上たびたび耳にすることがあります。しかし実際青春とは何か、青年期とは何かと深く考えたことはあまりありませんでした。そこで2本の映画を通して現在の青年期について考察していくことにしました。参考にする映画は「グッドウィルハンティング」と「ウォーターボーイズ」です。
    映画グッドウィルハンティングは1997年アメリカで放送され、主演マット・デイモン、ロビン・ウィリアムス、ベン・アフレックとガス・ヴァン・サント監督によって作られた映画です。主人公のウィル(マット・デイモン)はマサチューセッツ工科大学(MIT)で清掃員をしている20歳の青年です。彼は自分が下町育ちで、昔虐待を受けていたことで心を閉ざし、日々仲間たちと飲酒や、喧嘩などを繰り返していました。しかし彼には学問において天才的な才能がありました。彼は清掃員であるにもかかわらず、働いている大学に掲示されていた難解な数学の問題を簡単に解いてしまったのです。そこで大学の教授と話すようになり、またウィルは刑務所から出るかわりにセラピストのお世話になることになります。ウィルはあまりにも天才的で、人を上から見下ろすような見方しかできませんでした。また過去に親から虐待を受けたことが傷になり、本当の自分を人にさらけだすことがませんでした。また、人を愛そうとするのですが、虐待という過去を持っているので自分が捨てられることが怖くて誰にも心をぶつけることができないでいました。そこでセラピスト、ショーン(ロビン・ウィリアムス)と本気でぶつかり合い、成長していくにつれて彼は自分の過去を乗り越えることに成功するのです。
    これが「グッドウィルハンティング」のあらすじです。この映画の青年は決して一般的ではないですが、彼も一般的な悩みをもち、青年期という時期の中で成長しています。人は青年期になると急激に自我が目覚めていきますが、自分の望む理想と現実とのギャップに葛藤します。しかし、その理想を得るために人は努力をして成長していくのです。この映画から学んだことは、決して人は特別ではないということです。「だれもが苦しむ、誰もが悩む、決してその悩みは自分のものだけじゃない。」そのことを学ぶことによって理解する人、慰めてくれる人に出会えるのです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    映画から見る現実の青年期
    青春、青年、綿血という言葉は生活、成長していく上たびたび耳にすることがあります。しかし実際青春とは何か、青年期とは何かと深く考えたことはあまりありませんでした。そこで2本の映画を通して現在の青年期について考察していくことにしました。参考にする映画は「グッドウィルハンティング」と「ウォーターボーイズ」です。
    映画グッドウィルハンティングは1997年アメリカで放送され、主演マット・デイモン、ロビン・ウィリアムス、ベン・アフレックとガス・ヴァン・サント監督によって作られた映画です。主人公のウィル(マット・デイモン)はマサチューセッツ工科大学(MIT)で清掃員をしている20歳の青年です。彼は自分が下町育ちで、昔虐待を受けていたことで心を閉ざし、日々仲間たちと飲酒や、喧嘩などを繰り返していました。しかし彼には学問において天才的な才能がありました。彼は清掃員であるにもかかわらず、働いている大学に掲示されていた難解な数学の問題を簡単に解いてしまったのです。そこで大学の教授と話すようになり、またウィルは刑務所から出るかわりにセラピストのお世話になることになります。ウィルはあま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。