ペスタロッチーの教育学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,496
ダウンロード数40
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     「世界の教育者」と言われるペスタロッチーは1746年にスイスのチューリッヒで医師の子として生まれた。ペスタロッチーは六歳で父を失い、母と忠実な手伝い人によって育てられたが、母は宗教的情操の豊かな人であり、彼はその感化を大きく受けたと言われている。
     彼は法律学の研究をしていたが、ルソーの『エミール』を読んで田園生活に感ずるところがあり、1768年ブルックに農場を作って、ノイホーフと名づけた。彼のノイホーフにおける7年間の農業生活は失敗に帰したが、このノイホーフにおいて、1770年長男ヤコブが生まれると、その教育に大きな注意を払って育児日記を作った。その観察実験および実地教育は、児童研究・実験教育の先駆とも言えるものである。
     1774年、彼は農業から転じて紡績業を始めたが、この事業のために近所の貧民の子女を雇い、パンを与えるとともに、彼らを教育しようとし、1775年、50人の子女のために貧民学校を開いた。しかしその試みもうまくいかず、彼は文筆活動を始めることとなる。彼は1780年『隠者の夕暮』で彼の根本的教育思想を示しているが、  別名『自然の書』と呼ばれるように、教育的見地から自然に関してペスタロッチー独自の洞察を展開したものである。『隠者の夕暮』におけるペスタロッチーの教育の真の精神は「自らを知れ」の一語につき、その根本には家庭第1の思想がある。「自然の道に従う」ことが、ペスタロッチーの教育観であり、その根底に神が宿ると説いている。
     翌年に教育小説『リーンハルトとゲルトルート』を出版している。この教育小説は、スイスの農民生活を描いたものであるが、この書は社会に歓迎され、ペスタロッチーの名は一躍有名になったのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)
    「世界の教育者」と言われるペスタロッチーは1746年にスイスのチューリッヒで医師の子として生まれた。ペスタロッチーは六歳で父を失い、母と忠実な手伝い人によって育てられたが、母は宗教的情操の豊かな人であり、彼はその感化を大きく受けたと言われている。
    彼は法律学の研究をしていたが、ルソーの『エミール』を読んで田園生活に感ずるところがあり、1768年ブルックに農場を作って、ノイホーフと名づけた。彼のノイホーフにおける7年間の農業生活は失敗に帰したが、このノイホーフにおいて、1770年長男ヤコブが生まれると、その教育に大きな注意を払って育児日記を作った。その観..

    コメント9件

    jamesdean 購入
    ポイントを抑えたレポートだと思われる。
    2006/01/28 14:28 (10年10ヶ月前)

    lalala 購入
    参考になりました
    2006/05/19 8:31 (10年6ヶ月前)

    chikoairline 購入
    参考になりました
    2006/05/30 22:53 (10年6ヶ月前)

    lka9i3ak 購入
    まとまっていました。
    2006/07/28 11:30 (10年4ヶ月前)

    yesman 購入
    参考になりました
    2006/08/08 21:40 (10年4ヶ月前)

    arayutkcy 購入
    参考になりました
    2006/08/11 1:26 (10年4ヶ月前)

    tomokoonei 購入
    参考になった
    2006/08/30 21:54 (10年3ヶ月前)

    stargatemax 購入
    参考になりました☆
    2006/12/08 11:41 (10年前)

    mizu19830530 購入
    参考になりました。
    2007/04/22 21:56 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。