国家と移民との共生

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数519
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    今日、ほとんどすべての民主主義国家で、外国人人口が増えてきている。その中でも、移民として永住目的で来る人々は多い。これらの移民は移住先である国の内部でエスニック集団を形成する傾向があり、その集団は各々の言語を話す人々の存在を通してはっきりと目に見えるばかりでなくエスニック集団別の移住地域を形成したり、独特の都市空間を作り出したりすることによって目立つ存在となっている。このようにエスニック集団の形成はどこにでも生じる一方で、その発生する状況はかなり多様だということが言える。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国家と移民との共生
    序論
    今日、ほとんどすべての民主主義国家で、外国人人口が増えてきている。その中でも、移民として永住目的で来る人々は多い。これらの移民は移住先である国の内部でエスニック集団を形成する傾向があり、その集団は各々の言語を話す人々の存在を通してはっきりと目に見えるばかりでなくエスニック集団別の移住地域を形成したり、独特の都市空間を作り出したりすることによって目立つ存在となっている。このようにエスニック集団の形成はどこにでも生じる一方で、その発生する状況はかなり多様だということが言える。そこで、第一章で様々な国においての移民の違い、第二章で受入国の移民に対する対応を説明した上でどのようにして移民との共生を図っていくのかを結論で考察していきたいと思う。
    第一章
    ここでは様々な移民国における定住者について説明していく。定住者は三つのカテゴリーに分類する事ができる。まず第一に、一般の人々の中にとけ込んでエスニック集団とは見なされない定住者がいる。例えば、オーストラリアのイギリス系移民、スイスのフランス人などである。
    第二は、エスニック・コミュニティを形成する定住者である。その国では..

    コメント1件

    3 購入
    よい。
    2006/06/24 13:46 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。