ソーシャルワーカー等の専門職の社会的地位向上について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数536
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワーカー等の専門職の社会的地位向上について
     我が国では、社会福祉士や精神保健福祉士、臨床心理士などが独立して開業することはとても困難である。それは、我が国ではこれらのコ・メディカルの社会的重要性は認められていても、社会的地位が認められていないからである。
     アメリカの医療現場では、医療費の抑制などで、ソーシャルワーカーがとても活躍している。そのため、アメリカではソーシャルワーカーも医療チームの一員として、考えられ、その業務も医療保険などで認められている。しかし、日本の場合、ソーシャルワーカー、の行う業務、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワーカー等の専門職の社会的地位向上について
     我が国では、社会福祉士や精神保健福祉士、臨床心理士などが独立して開業することはとても困難である。それは、我が国ではこれらのコ・メディカルの社会的重要性は認められていても、社会的地位が認められていないからである。
     アメリカの医療現場では、医療費の抑制などで、ソーシャルワーカーがとても活躍している。そのため、アメリカではソーシャルワーカーも医療チームの一員として、考えられ、その業務も医療保険などで認められている。しかし、日本の場合、ソーシャルワーカー、の行う業務、つまり社会福祉士や精神保健福祉士などのコ・メディカルの行う業務は医療保険には認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。