アメリカにおける医療制度と我が国の医療改革について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数347
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アメリカにおける医療制度と我が国の医療改革について
    我が国では、2000年より介護保険制度を導入した。その目的の1つに、医療を目的とする機関、つまり病院が、介護を目的とした高齢者が収容されているために、本来の目的である「医療」を効率的に実施することが困難となってきたことがある。
    1、アメリカの医療制度
    我が国では社会保険制度はかなり整っている。ほとんどの国民が何らかの保険に入り、医療機関にかかるが、アメリカではあまり社会保険制度は発達していないため、個人または会社で保険に入るしか方法はあまり無い。
    (1)メディケア
    メディケアとは、国民皆保険性のないアメリカが導入した公的医療保険で、65歳以上の人と重度障害者等を対象としたメディケアがある。メディケアにはパートAとパートBがあり、パートAでは、入院やホームヘルスケア、ホスピスケアなどがあり、パートBではパートAでカヴァーしきれない広範囲の部分を担っている。しかし、眼科診察料や外来の薬代、予防医療分野などは範囲外となり、充分にカヴァーしきれていないのが現状である。また、メディケアが利用できる範囲についても厳しい審査や制限、自己負担があるため、利用しづらい制度である。
    1965年からは、パートCという「メディケア+選択プラン」が追加された。これは、自らが選択したプランの追加料金を支払うことで、従来のメディケアでは利用できなかった長期看護などの医療が利用できるようにしたものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     アメリカにおける医療制度と我が国の医療改革について
     我が国では、2000年より介護保険制度を導入した。その目的の1つに、医療を目的とする機関、つまり病院が、介護を目的とした高齢者が収容されているために、本来の目的である「医療」を効率的に実施することが困難となってきたことがある。
    1、アメリカの医療制度
     我が国では社会保険制度はかなり整っている。ほとんどの国民が何らかの保険に入り、医療機関にかかるが、アメリカではあまり社会保険制度は発達していないため、個人または会社で保険に入るしか方法はあまり無い。
    (1)メディケア
     メディケアとは、国民皆保険性のないアメリカが導入した公的医療保険で、65歳以上の人と重度障害者等を対象としたメディケアがある。メディケアにはパートAとパートBがあり、パートAでは、入院やホームヘルスケア、ホスピスケアなどがあり、パートBではパートAでカヴァーしきれない広範囲の部分を担っている。しかし、眼科診察料や外来の薬代、予防医療分野などは範囲外となり、充分にカヴァーしきれていないのが現状である。また、メディケアが利用できる範囲についても厳しい審査や制限、自己負担..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。