ライフサイクルの変化と高齢者福祉について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数316
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ライフサイクルの変化と高齢者福祉について
     近年、我が国は他国に類を見ない速度で超高齢社会を迎えようとしている。一般に高齢社会とは、総人口に占める65歳以上の人口の割合(高齢化率)が14%を超えた社会を指し、さらに21%を超えると超高齢社会である。我が国では2002年の時点で、高齢化率18.5%であり、日本はすでに高齢社会を迎えている。そして、我が国が超高齢社会を迎える日も迫っているということである。
    (1)高齢者と取り巻く環境の変化
    高齢者と取り巻く環境は以前と比べ、様々な点で異なっている。そして、高齢者を取り巻く環境が変化してきたという事は、高齢者のライフサイクル(人生)も、その状況に合わせ変化している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ライフサイクルの変化と高齢者福祉について
     近年、我が国は他国に類を見ない速度で超高齢社会を迎えようとしている。一般に高齢社会とは、総人口に占める65歳以上の人口の割合(高齢化率)が14%を超えた社会を指し、さらに21%を超えると超高齢社会である。我が国では2002年の時点で、高齢化率18.5%であり、日本はすでに高齢社会を迎えている。そして、我が国が超高齢社会を迎える日も迫っているということである。
    (1)高齢者と取り巻く環境の変化
    高齢者と取り巻く環境は以前と比べ、様々な点で異なっている。そして、高齢者を取り巻く環境が変化してきたという事は、高齢者のライフサイクル(人生)も、その状況に合わ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。