社会福祉士・介護福祉士が誕生した社会的背景について整理し、これからの社会福祉専門職には何が必要か。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,095
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士・介護福祉士が誕生した社会的背景について整理し、これからの社会福祉専門職には何が必要かを述べなさい。

    1社会福祉士・介護福祉士誕生の社会的背景
     近年、平均寿命が急速に伸びている。その要因として医療の発達や生活水準の改善などが深く関わっている。平均寿命が伸びるということは高齢者が増え、介護が必要な人が増加するということである。高齢化に伴い介護を受ける側も増加していくが、それと同時に介護をする側の高齢化も大きな問題である。このような問題が差愛全体へと広まっている今、高齢者福祉問題は特定の人の問題ではなくなっている。
     社会福祉士や介護福祉士が国家資格として誕生する以前は、多くの福祉を社会福祉主事が受け持っていた。しかし、社会福祉主事の役割は、首長が行う福祉六法の業務の援助、3年以上の経験を有する者は、福祉六法を担当する者に対し指導監督を行うことである。そのため現在の社会福祉サービスの利用者が抱えている複雑な問題に対して専門的な技術・知識に裏付けられた配慮をすることが困難になり、運営にもリーダーシップやマネジメントといった新しい考え方・技術などが必要になっている。この様な社会福祉主事職ではカバーしきれない社会福祉の専門職化が起こっている。そこで、相談に応じ助言や指導を専門に行う「社会福祉士」と、家族介護への支援などに重点を置き、家族が安心して介護ができるように、日常生活の介護、直接の介護者である家族への援助を行う「介護福祉士」という制度を設けたのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉士・介護福祉士が誕生した社会的背景について整理し、これからの社会福祉専門職には何が必要かを述べなさい。
    1社会福祉士・介護福祉士誕生の社会的背景
     近年、平均寿命が急速に伸びている。その要因として医療の発達や生活水準の改善などが深く関わっている。平均寿命が伸びるということは高齢者が増え、介護が必要な人が増加するということである。高齢化に伴い介護を受ける側も増加していくが、それと同時に介護をする側の高齢化も大きな問題である。このような問題が差愛全体へと広まっている今、高齢者福祉問題は特定の人の問題ではなくなっている。
     社会福祉士や介護福祉士が国家資格として誕生する以前は、多くの福祉を社会福祉主事が受け持っていた。しかし、社会福祉主事の役割は、首長が行う福祉六法の業務の援助、3年以上の経験を有する者は、福祉六法を担当する者に対し指導監督を行うことである。そのため現在の社会福祉サービスの利用者が抱えている複雑な問題に対して専門的な技術・知識に裏付けられた配慮をすることが困難になり、運営にもリーダーシップやマネジメントといった新しい考え方・技術などが必要になっている。この様な社会福祉..

    コメント1件

    ichi 購入
    ありがとうございました。とても参考になりました。
    2007/10/12 0:15 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。