技術論 レポ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数381
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉環境社会福祉憲法社会人権援助地域

    代表キーワード

    技術論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助活動の意義と社会的機能について
     近年、社会福祉という言葉は、以前のような貧困者など「社会的弱者」に対してのみ行われるものではなくなってきた。社会福祉の対象は全ての国民なのである。どのような人でも歳を重ねるにつれ、身体機能は低下し、以前と生活を送る事が出来なくなる。そこで、社会福祉サービスを利用するのである。社会福祉における援助技術は様々な方法が試行されている。社会福祉サービスを利用する利用者の置かれている環境や、利用者個人の状態が多種多様になっており、それに伴い、利用者のニーズも複雑化・多様化しているからである。
     我が国は、憲法25条第1項で、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とし、第2項では、「国はすべての生活部面について社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」としている。この憲法第25条(生存権)は、基本的人権同様、すべての国民が持っている権利であり、決して侵されてはならないものである。しかし、実際の社会では、基本的人権と肩を並べているはずの生活権は、様々な理由により、侵されやすい権利になってしまっている。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。