ケースワーク展開過程 各論

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,222
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    個別援助技術(ケースワーク)の展開過程について述べなさい。
    1ケースワーク(個別援助技術)とは
    ケースワークとは、精神的・社会的な生活課題を抱えている個人や家族に対し、その課題を解決するために個別に援助する技術である。ケースワークは、クライエントとケースワーカーとの専門的で信頼的な人間関係があって初めて成立する。
    ケースワークをはじめて体系化した、M.リッチモンドは、「ソーシャル・ケースワークは、人とその社会環境とのあいだに、個別的に、意識的にもたらされる調整を通じて、パーソナリティの発達をはかる諸過程からなっている」と定義づけており、「ケースワークの母」と呼ばれている。
    2個別援助技術の展開過程
    個別援助技術は、その成立以来、専門性を求め、それを利用者と援助者の知識と技法が駆使される援助の展開過程の中に見出そうとしてきた。これまで、わが国では、一般的に診断主義の立場を取り入れられていた。また、援助の展開過程は,①受理(インテーク)、②調査(ケース・スタディ)、③社会診断、④社会治療という区分で紹介されてきた。また、ほかに機能主義のようなワーカーとクライエントとの関係の活動に重点をおい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。