医学 レポ①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数134
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活習慣病について述べよ
     近年TV番組や情報誌などで、「健康ブーム」という言葉をよく耳にするようになった。そこで注目されているのは食べ物の栄養バランスばかりである。しかし、栄養バランスや健康食品に気をつけていても健康でい続けることは難しい。健康でいるためには日々の生活を規則正しく送っていくことが重要である。
    (1)生活習慣病
     生活習慣病とは、誤った生活習慣によって引き起こされる病気である。代表的なものに高脂血症、高血圧症、糖尿病などがある。しかし、その他にも痛風(高尿酸血症)、肥満、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、膵炎、呼吸器疾患、胃・十二指腸潰瘍、肝機能障害、骨粗鬆症、癌、歯周病なども生活習慣病にあげられる。これらの生活習慣病の特徴として、
    無症状の時期が長く症状が出る頃にはかなり進行しており、また、進行するにつれ治療が難しくなることがあげられる。生活習慣に非常に深く関わっていることが多いことも大きな特徴である。
    以前はこれらの多くが「成人病」と呼ばれていたが、加齢よりも食生活・運動・喫煙などの生活習慣が原因となり発病することが多いと明らかとなり、「生活習慣病」と呼ばれるようになった..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。