生徒指導論

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数250
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校教育における生徒指導の意義や役割及びガイダンスの機能の充実によるこれからの生徒指導のあり方について述べよ。
     生徒指導とは、単に、生徒に対して進路の指導や生活面での指導だけのことをさすのではない。中学校の学習指導要領には生徒指導について、「教師と生徒の信頼関係及び生徒相互の好ましい人間関係を育てるとともに生徒理解を深め、生徒は自主的(主体的)に判断、行動し、積極的に自己を生かしていくことができるよう生徒指導の充実を図ること」と述べられている。
     生徒指導は、学校の教育目標を達成するための重要な機能の1つであり、すべての教師が、すべての生徒に対し、教師生徒間、あるいは生徒間でのよりよい信頼関係、人間関係のもとで行われなければならない。また、生徒一人一人の人格や個性を尊重し、自主性や自発性などを育てるとともに、社会生活の中で自己実現を果たすことができる能力(生きる力)などを育てるものである。
     そして、生徒指導は特定の分野や時間に捕らわれず、それぞれの教育活動の効果を高めるために働く機能である。
     教師が生徒との信頼関係を築くためには、まず、教師が生徒に関心を持ち、気配りし、そして、そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。