ポジショニング分析の行い方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,560
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    産業の発展、人々の生活の充足が満たされたことによる現代の需要に対する供給の多さは、日に日に増している。それに対応するために、供給側である市場は自らが扱う製品やサービスの開発・発展をせざるを得ない立場に置かれている。
    小売業をはじめとする供給市場の企業では、今自分達がどの位置に立っていて、そしてこれからはどのような立場にいれば勝ち残っていけるのか、見つけなくてはいけない。それによって、今後生き延びていけるのかそれとも生き延びていけないのかが変わってくる。
    それを、今回は「ポジショニング分析」を使って見つけていく。

    先行研究や探索的因子分析によって得られた因子と観測変数間の関係を検証するために行う。
    探索的因子分析で得られた因子というものは、いくつかの観測変数だけに影響を与えるときまったわけではない。多かれ少なかれすべての観測変数に、すべての因子が負荷を与えている。
    しかしながら、解釈をやりやすくするために、各因子が負荷を与える観測変数の数を、特に負荷が大きいものいくつかに絞る、という方法をとることで、単純な構造に近づけようとする。
    そうして、勝手に単純な構造に近づけて解釈しようとするだけでなく、そのような単純な構造で果たしてデータを十分に説明できているのか、その簡略化したモデルは当てはまりがよいのか、ということを検証することができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ポジショニング分析の行い方
    ―因子分析について―
    序論
    産業の発展、人々の生活の充足が満たされたことによる現代の需要に対する供給の多さは、日に日に増している。それに対応するために、供給側である市場は自らが扱う製品やサービスの開発・発展をせざるを得ない立場に置かれている。
    小売業をはじめとする供給市場の企業では、今自分達がどの位置に立っていて、そしてこれからはどのような立場にいれば勝ち残っていけるのか、見つけなくてはいけない。それによって、今後生き延びていけるのかそれとも生き延びていけないのかが変わってくる。
    それを、今回は「ポジショニング分析」を使って見つけていく。
    ポジショニング分析とは
    製品の類型化によって、市場における自らまたは周りの競合他社のポジショニングを見つける。
    それを見つけるために、知覚マップを作成し、現状を分析するとともに目標ポジションを明らかにしていく過程のことである。
    ポジショニング分析の目的
    当該製品カテゴリーにおいて、どこに新製品投入機会があるか。
    既存製品はどのブランドと競合しているのか。
    カニバリゼーション(自社製品のシェアを奪ってしまう現象)は起きていな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。