ウェーブレット変換について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,538
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■ウェーブレット変換についてフーリエ変換短時間フーリエ変換、、の変換方式の特徴(違い)と関連づけて説明せよ。
    フーリエ変換は、時間信号と関数群を積分し、解析信号の構成周波数成分の強さを表すものである。フーリエ変換を行うと、変換後は周波数のみの関数となり、時間関数が抜け落ちてしまうため、いつ振動や周波数の変動が起きたかを知ることができない。
    短時間フーリエ変換では、窓関数を用意し、その窓に対してフーリエ変換を行う。時間と周波数の両方について知ることができるが、窓関数の窓幅が固定であるため、この窓の大きさに合わない信号は、正確に検出することができない。ウェーブレット変換では、マザーウェーブレットと呼ばれる関数を用いてフーリエ変換を行う。これにより、時間と周波数の両方の関数を精度良く検出できるようになった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    ■ウェーブレット変換について フーリエ変換 短時間フーリエ変換の変換方式の特徴(違、 、
    い)と関連づけて説明せよ。
    フーリエ変換は、時間信号と関数群を積分し、解析信号の構成周波数成分の強さを表
    すものである。フーリエ変換を行うと、変換後は周波数のみの関数となり、時間関数
    、 。 が抜け落ちてしまうため いつ振動や周波数の変動が起きたかを知ることができない
    短時間フーリエ変換では、窓関数を用意し、その窓に対してフーリエ変換を行う。時
    間と周波数の両方について知ることができるが、窓関数の窓幅が固定であるため、こ
    の窓の大きさに合わない信号は、正確に検出することができない。ウェーブレット変
    換では、マザーウェーブレットと呼ばれる関数を用いてフーリエ変換を行う。これに
    より、時間と周波数の両方の関数を精度良く検出できるようになった。
    ■ウェーブレット変換において、マザーウェーブレットの意味(どういう波形か)、またマ
    ザーウェーブレットの種類やその特徴について2~3の例を示して説明せよ。
    ・マザーウェーブレットの意味
    ウェーブレット変換には「連続変換」と「離散変換」の二種類がある。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。