生産性向上のための手法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数881
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在、消費者の多様なニーズに応えるため、各企業は製品を開発・製作する上で、ムダを省こうと努力している。トヨタのカンバン方式に代表\されるように、ムダを省くにはいろいろな手法がある。生産性・品質を向上させ、利益を上げるために、どのような手法が使われているのか調べることにした。
    ■MRP:資材所用量計画
    生産予定のある製品に関して部品展開を行い、生産に必要となる部品の総量を算出し、そこから有効在庫量と発注残を差し引き、発注が必要な部品数量を算出する
    方法。原材料から最終製品に至るまでの全ての物の流れを総合的に管理できる。
    過去の使用分を補充するのではなく、予想される需要を事前に算出して発注する。
    ことにより、在庫の圧縮と不足の解消を同時に実現した。資材の調達を顧客からの受注と需要予測に直結させた結果、生産計画作業は大きく改善できた。大型汎用機や、オフィスコンピュータ向けの汎用ソフトウェアパッケージの登場により、中小企業を中心に広く普及した。
    ■VA/VE:価値分析/価値工学
    製品やサービスに対し、必要な機能を低コストで実現するためにムダを排除し、様々な分析・検討を行い、真の価値向上を図ろうとする方法。
    価値工学では、製品の機能を下げずに製造コストを低くし、同様の物を作ることが製品価値を上げるとし、価値分析はそのための方法を追求する技法と定義されている。価値分析の概念は?使用価値?コスト的価値、?希少価値、?交換価値、?魅力的価値とされており、これらを実現するのが価値工学である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    現在、消費者の多様なニーズに応えるため、各企業は製品を開発・製作する上で、
    ムダを省こうと努力している。トヨタのカンバン方式に代表されるように、ムダを省
    くにはいろいろな手法がある。生産性・品質を向上させ、利益を上げるために、どの
    ような手法が使われているのか調べることにした。
    ■MRP:資材所用量計画
    生産予定のある製品に関して部品展開を行い、生産に必要となる部品の総量を算
    出し、そこから有効在庫量と発注残を差し引き、発注が必要な部品数量を算出する
    方法。原材料から最終製品に至るまでの全ての物の流れを総合的に管理できる。
    過去の使用分を補充するのではなく、予想される需要を事前に算..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。