各種爆薬について(安全工学)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数775
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート爆薬種類用途成分

    代表キーワード

    安全工学爆薬

    資料紹介

    1. 爆薬の成分について
      硝安油剤爆薬、
    ANFO(Ammonium Fuel Oil Explosive)爆薬または硝油爆薬ともいう。低コストで安全であり、爆速による動的効果と爆圧による性的効果から破砕効果を得る。水に溶けやすいので、水の出るような場所では、樹脂フイルムに硝安油剤爆薬を充填したピース品を使用することがある。比較的威力が小さく、単一の製品しか作れない。爆速は約3000m/sec。.....
    液体酸素爆薬、
    ..........................
    液体酸素爆薬、
    ..........................
    カーリット
    ..........................
    2. 爆薬の用途について
    推進用、
    ..........................
    破壊用、
    ..........................
    点火用、
    ..........................
    花火用、
    ..........................
    工業・産業用
    金属容器などを作るとき、水中に爆薬を入れて爆発させて金型に押し付けたり、通常溶接できない種類の金属を、爆薬の力で溶接させる方法2 もある。
    3. 各要素の詳細について
      ピクリン酸、
    2,4,6-トリニトロフェノールとも呼ばれる。淡黄色柱状結晶で、融点は
    122.5 ℃。無臭で急加熱や衝撃によって爆発するが、ゆっくり加熱すると
    昇華する。エタノール、ベンゼン、沸騰水などに溶け易く、フェノール
    の一種であるが、強い酸性と苦い味をもつ。炸薬として用いられていた
    が、感度が鋭敏すぎるのが欠点。爆発威力は強いが、感度が鋭敏なので殆ど用いられなくなった。皮膚吸収されると中毒を起こしやすい。
    トリニトロトルエン、
    ..............................
    ニトログリセリン、
    ..............................
    ペントリット
    ニペリット、四硝酸ペンタエリトリットとも呼ばれる。白色の結晶性粉末
    で、爆発威力が大きく、熱に対して鈍感で自然分解を起こしにくい優秀な爆薬である。TNT と混合してペントライトと称する炸薬、雷管の添装薬、伝爆薬などにも使用されている。また、医療用に血管拡張剤として用いられている。.....

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1. 爆薬の成分について
    ●硝安油剤爆薬
    。 、 ANFO Ammonium Fuel Oil Explosive( )爆薬または硝油爆薬ともいう 低コストで安全であり
    爆速による動的効果と爆圧による性的効果から破砕効果を得る。水に溶けやすいので、水の
    出るような場所では、樹脂フイルムに硝安油剤爆薬を充填したピース品を使用することがあ
    る。比較的威力が小さく、単一の製品しか作れない。爆速は約 。 3000m/sec
    【製造】
    。 プリル硝安(油分を吸収しやすく加工された硝酸アンモニウム) %と軽油 %を混合する 94 6
    混合比率を変えると爆発後有毒ガスが発生するので注意する。
    ●液体酸素爆薬
    液酸爆薬ともいう。 ( )とも記される。ある割合に両者を混ぜ合 LOX Liquid oxygen explosive
    わせたとき反応の爆発熱は を越え、爆速も約 ~ に達する。強 2200kcal/kg 4500 5000m/sec
    力な爆薬ではあるが、貯蔵、取扱が不便なので特殊な目的の他には用いられていない。
    【製造】
    液体酸素を炭素に富む吸収剤(木炭粉末・ススなど)に吸収させて作る。極低温..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。