プラナリアの生態と飼育方法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数4,004
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■プラナリアについて
    ●学術的位置づけ
    扁形動物門渦中網の、主として三岐腸目に属する生物種の総称。体表\に繊毛があり、この繊毛の運動によって渦ができることからウズムシと呼ばれる。生物学でプラナリアという場合は、一般的に淡水性三岐腸類のナミウズムシを指すことが多い。著しい再生能\力を持つことから、再生研究のモデル生物として用いられる。進化的には前口動物と後口動物の分岐点に位置し、脳をもつ動物としてもっとも原始的であることから比較発生学・進化発生生物学、雌雄同体である特性から生殖生物学でも扱われる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    - 1 -
    ■はじめに
    世の中には変わった生き物はたくさん存在するが、プラナリアはその最たるものと言
    えよう。かなり細かく切断したとしても死ぬことはないばかりか、その切片から同じ
    外観を持った個体が再生される。本レポートでは、プラナリアとは一体、どのような
    生物であるのかを調査することを目的とする。
    ■プラナリアについて
    ●学術的位置づけ
    、 。 、 扁形動物門渦中網の 主として三岐腸目に属する生物種の総称 体表に繊毛があり
    この繊毛の運動によって渦ができることからウズムシと呼ばれる。生物学でプラナ
    リアという場合は、一般的に淡水性三岐腸類のナミウズムシを指すことが多い。著
    しい再生能力を持つことから、再生研究のモデル生物として用いられる。進化的に
    は前口動物と後口動物の分岐点に位置し、脳をもつ動物としてもっとも原始的であ
    ることから比較発生学・進化発生生物学、雌雄同体である特性から生殖生物学でも
    扱われる。
    ●生息場所
    淡水、海水および湿気の高い陸上に生息する。北海道を除く日本各地に分布し、き
    れいな谷川の石の裏にへばりついていることが多い。少し山間部の水の澄んだ、水
    温のあまり高く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。