渤海文化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数472
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート史学渤海日本歴史

    代表キーワード

    史学渤海文化渤海

    資料紹介

     渤海国とは、高句麗が唐に滅ぼされた後に、北朝鮮から支那東北部、ロシア沿海地方にかけて存在した広大な国家で、二百数十年間続いた。唐の影響を持ちながらも高句麗の文化を受け継ぎ、独特の渤海文化を興しその繁栄ぶりは北朝鮮の歴史のなかでも光輝くものであった。
     渤海は満洲と韓半島を同時に領土にした国々だ。 満洲や韓半島で起きたどの国も持つことができなかった特徴である。
     高句麗は早くから周辺多くの国や族属と多様な関係を結んだ。4~6世紀には中国王朝の権威を認めながらも遊牧民であるキタイ族、 大興の中領山脈に居住した族属、 そして本来狩猟族だった水路などを従えるとか影響力を行使して大勢力圏を形成した.。こういうわけで高句麗は満洲とその周辺の多様な文化を包容しながら韓半島の国とはよほど他の面貌を持つようになった.。特に文化や身分制運営は新羅に比べてずっと開放的で柔軟だった。
     このような面貌は渤海でもそのまま現われる.。渤海は旺歪など多様な族属を従えたし唐、 新羅、 日本、キタイなどと多様な関係を結んだ。最近にはシベリアを通じて遠く中央アジアと交通したことで明かされている。 高句麗文化の開放性と国際性がそのまま渤海につながったのだ。このような文化基盤とアイデンティティを持ったから中国大陸の先進文化を収容しながらも伝統的な支配理念や政治制度を土台で国家体制を整備することができたのだ。 特に追慕王が ‘天帝の息子であり河伯の外孫’という建国説話を土台で高句麗が天下で一番神聖で周辺国を服属させることは当たり前だという独自的天下官を確立したことはこれをよく見せてくれる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    渤海文化の特色
     渤海国とは、高句麗が唐に滅ぼされた後に、北朝鮮から支那東北部、ロシア沿海地方にかけて存在した広大な国家で、二百数十年間続いた。唐の影響を持ちながらも高句麗の文化を受け継ぎ、独特の渤海文化を興しその繁栄ぶりは北朝鮮の歴史のなかでも光輝くものであった。
    渤海は満洲と韓半島を同時に領土にした国々だ。 満洲や韓半島で起きたどの国も持つことができなかった特徴である。
    高句麗は早くから周辺多くの国や族属と多様な関係を結んだ。4~6世紀には中国王朝の権威を認めながらも遊牧民であるキタイ族、 大興の中領山脈に居住した族属、 そして本来狩猟族だった水路などを従えるとか影響力を行使して大勢力圏を..

    コメント1件

    barland1 購入
    ちょっとボリュームが少なかった。
    2006/07/06 21:06 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。