経済政策の主体・目的・手段

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,228
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    元来、自由経済においては手を加えるべきではなく、放置しておくことが社会的にも最大の利潤を得ることのできる最良の手段であるといわれていた。しかし実際のところは、経済を放任しておくと、あらゆる面で凄惨な状況が発生しかねない。そのため何者かが経済の中に秩序を作らねばならない。この秩序を構成するための方法が政策である。
    「政策」と呼ばれるからには、一般的にこれを行う主体は国家、すなわち政府である。経済における政府の機能は主に3つに分類される。まず資源配分機能、次に所得分配機能、そして経済安定化機能である。この3つは政策のおおまかな目的を大別したものであると考えることもできる。
    市場は各種財の需要と供給が随時互いに影響しあい、最適な均衡をもたらすように調整されている場であるが、財の中にはこの市場にそぐわないものも存在する。いわゆる公共財がこれに該当し、こうした財は市場において効率的な供給が望めないため、市場の失敗を引き起こす原因となる。そのため政府はこれについての経済的な役割を果たす必要がある。この必要性に応えるものが政府の資源配分機能である。インフラ整備などがこれを達成するための手段であるといえよう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「経済政策の主体・目的・手段」
    元来、自由経済においては手を加えるべきではなく、放置しておくことが社会的にも最大の利潤を得ることのできる最良の手段であるといわれていた。しかし実際のところは、経済を放任しておくと、あらゆる面で凄惨な状況が発生しかねない。そのため何者かが経済の中に秩序を作らねばならない。この秩序を構成するための方法が政策である。
    「政策」と呼ばれるからには、一般的にこれを行う主体は国家、すなわち政府である。経済における政府の機能は主に3つに分類される。まず資源配分機能、次に所得分配機能、そして経済安定化機能である。この3つは政策のおおまかな目的を大別したものであると考えることもで..

    コメント3件

    nacop123 購入
    良かったです。
    2006/06/30 3:27 (10年5ヶ月前)

    s087196 購入
    良かったです。
    2007/01/16 23:47 (9年11ヶ月前)

    miki0107 購入
    良かったです
    2007/06/18 1:37 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。