経済的自由に関する考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数407
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    経済の自由とは、日本の憲法上での定義を示すならば職業選択の自由と財産権の保障がこれにあたり、もっと広義的に言い表すならばあらゆる経済活動に対する自由のことを表している。これは自由権の中に含有されており、この概念が一般にこの世界に誕生したのはフランス革命期からであるとされる。それまではあらゆる経済活動が法に定める制約の範囲内でしか認められなかった。
    ただし、経済的自由が全ての人にとって幸福をもたらすかというと、そうとも限らないケースが出てくる。経済的自由はその性質上、どうしても競争を生み出す。この競争があるからこそ、我々の経済は確実に進化し、少なくとも物量的な意味では豊かな生活を送ることができる。だが、競争は確実に勝敗を産む。競争という行動の結果には、本来、平等というものは存在しない。これはすなわち、格差及び競争というストレスを発生させることになる。
    そこで必要になるのが規制である。そもそもは最大の利潤を生む経済形態が純粋な自由競争のできる市場を持つ経済であるとされることから、規制をかけることは望ましいことではないとされてきた。だが日本国憲法に示される自由権とは、「勝手気ままに振舞う」ということを意味しない。必ず「公共の福祉に反しない限り」という条件が追随するものである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「経済的自由についての考察」
    経済の自由とは、日本の憲法上での定義を示すならば職業選択の自由と財産権の保障がこれにあたり、もっと広義的に言い表すならばあらゆる経済活動に対する自由のことを表している。これは自由権の中に含有されており、この概念が一般にこの世界に誕生したのはフランス革命期からであるとされる。それまではあらゆる経済活動が法に定める制約の範囲内でしか認められなかった。
    ただし、経済的自由が全ての人にとって幸福をもたらすかというと、そうとも限らないケースが出てくる。経済的自由はその性質上、どうしても競争を生み出す。この競争があるからこそ、我々の経済は確実に進化し、少なくとも物量的な意味で..

    コメント1件

    masiko18 購入
    大変綺麗にまとまってました。
    2007/09/25 11:19 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。