外部性による市場の失敗

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,176
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    市場は一切の手を加えないほうが、最も効率的な分配が行われるというのが市場経済の定説であるが、実際には市場を放任しておくと、非効率的な資源分配が行われたり、社会的に望ましくない現象が生じたりする。こうした市場の限界を総括して「市場の失敗」という。
    市場の失敗の一例として、外部効果が挙げられる。外部効果とは、市場を介在させずに経済主体から直接他の経済主体へと影響を及ぼすことである。具体的な一例を挙げるとすれば、身近なところでは喫煙も外部効果の一例である。喫煙はそれを行う本人にとっては満足を得られるプラスの効用にあたるかも知れないが、その付近の人間にとっては害を受ける可能性もあり得るマイナスの効用を得てしまうことになる。これは外部経済の中でもマイナスの効果を与えてしまう、外部不経済ということになる。近年では喫煙規制があちこちで目立つようになってきて、公共の場で喫煙者の思うままに振る舞えないという状況になってきた。これは外部不経済を正すことで、社会全体の効用を上昇させようという思惑と見ることもできる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    市場は一切の手を加えないほうが、最も効率的な分配が行われるというのが市場経済の定説であるが、実際には市場を放任しておくと、非効率的な資源分配が行われたり、社会的に望ましくない現象が生じたりする。こうした市場の限界を総括して「市場の失敗」という。
    市場の失敗の一例として、外部効果が挙げられる。外部効果とは、市場を介在させずに経済主体から直接他の経済主体へと影響を及ぼすことである。具体的な一例を挙げるとすれば、身近なところでは喫煙も外部効果の一例である。喫煙はそれを行う本人にとっては満足を得られるプラスの効用にあたるかも知れないが、その付近の人間にとっては害を受ける可能性もあり得るマイナスの効用を得てしまうことになる。これは外部経済の中でもマイナスの効果を与えてしまう、外部不経済ということになる。近年では喫煙規制があちこちで目立つようになってきて、公共の場で喫煙者の思うままに振る舞えないという状況になってきた。これは外部不経済を正すことで、社会全体の効用を上昇させようという思惑と見ることもできる。
    またアメリカにおいてはクリントン政権時に、喫煙とは周囲への不快感ばかりでなく、各種病気を発症..

    コメント2件

    tokyojapan 購入
    参考になりました。
    2006/06/30 15:16 (10年5ヶ月前)

    aa777aa 購入
    まあまあ
    2006/11/04 1:52 (10年1ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。