X-Y理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,290
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     X-Y理論は、アメリカの経営学者のダグラス・マクレガーによって提唱された人間観ならびに動機づけの理論である。マクレガーは、「人間を本来怠け者で、強制されたり、命令されたりしなければ仕事をしない」とするX理論と、「生まれながらに嫌いということはなく、条件しだいで責任を受けるばかりでなく、自ら進んで責任をとろうとする」というY理論に分け、この「条件」が仕事の動機づけ要因であり、その条件とは魅力ある目標と責任と自由裁量を与えつづけることだと考えた。つまり、「アメとムチ」によって従業員を動かすのがX理論であり、「機会を与える」のがY理論である。............
    X理論が「階層原則」であるのに対し、Y理論は「統合の原則」を中心としている。
     Y理論では、企業目標と従業員個々人の欲求や目標とをはっきりした方法で調整できれば企業はもっと能率的に目標を達成することが出来ると示している。「統合の原則」は、どの程度の統合を図れば、従業員が企業の繁栄のために努力しながら、自分の目標を「いちばん」よく実現できるかを知ることが大切であり、「いちばん」というのは、他のやり方、例えば、無関心、無責任、渋々ながらの服従、敵意、怠惰といったやり方より、このやり方の方が従業員に魅力的であるということで、従業員は絶えず自発的に自分の能力・知識・技術・手段を高め、且つ実地に生かして企業の繁栄につくそうとするようになると、マクレガーは指摘している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     X-Y理論は、アメリカの経営学者のダグラス・マクレガーによって提唱された人間観ならびに動機づけの理論である。マクレガーは、「人間を本来怠け者で、強制されたり、命令されたりしなければ仕事をしない」とするX理論と、「生まれながらに嫌いということはなく、条件しだいで責任を受けるばかりでなく、自ら進んで責任をとろうとする」というY理論に分け、この「条件」が仕事の動機づけ要因であり、その条件とは魅力ある目標と責任と自由裁量を与えつづけることだと考えた。つまり、「アメとムチ」によって従業員を動かすのがX理論であり、「機会を与える」のがY理論である。
     マクレガーは、X理論の中心原則は権限行使による命令・統制と定義づけており、そのX理論の内容は次のようになる。
    普通の人間は生来仕事がきらいで、なろうことなら仕事はしたくないと思っている
    この仕事はきらいだという人間の特性のために、たいていの人間は、強制されたり、統制されたり、命令されたり処罰するぞとおどされたりしなければ、企業目標を達成するために十分な力を出さないものである
    普通の人間は命令される方が好きで、責任を回避したり、あまり野心をもたず、な..

    コメント1件

    fantalk 購入
    コンパクトにまとまっていた。
    2006/07/17 23:08 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。