自然免疫と適応免疫

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数2,794
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自然免疫は、ホヤ・昆虫などの下等生物にも存在する免疫系である。細菌やウイルスにのみ存在する分子を感知し、活性化した食細胞が観戦した細胞を取り込み分解する。これは無差別的な反応である。自然免疫にかかわるたんぱく質は常に体内に存在しており、観戦初期の生体防御に重要な役割を果たしている。一方獲得免疫とも呼ばれる適応免疫は、リンパ球が作る抗体による特異的な異物感知とその記憶に特徴がある。
     体内に異物が侵入すると、まず樹状細胞が捕食して抗原をばらばらに分解する。そして、その抗原の情報をヘルパーT細胞に渡すのである。ヘルパーT細胞はここで自分の作ったのではないアミノ酸列を認識し、サイトカインを作ることで他の免疫機構を活性化させる。キラーTという細胞はそれを受け感染した細胞を壊していく。マクロファージはサイトカインで活性化すると、ssRNA、dsRNA、ssDNAを認識してウイルスを直接攻撃することもできる。自然免疫のシステムであるから抗原の記憶などはしない。サイトカインで活性化される細胞にB細胞がある。これが抗原を出す細胞である。Bリンパ球が作ったタンパク分子は抗原に付き、これを抗原と認識した補体やマクロファージが攻撃する。マクロファージは上で挙げたように直接攻撃も可能ではあるが、B細胞由来の抗原があるほうがはるかに速やかに反応する。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    自然免疫と適応免疫
     自然免疫は、ホヤ・昆虫などの下等生物にも存在する免疫系である。細菌やウイルスにのみ存在する分子を感知し、活性化した食細胞が観戦した細胞を取り込み分解する。これは無差別的な反応である。自然免疫にかかわるたんぱく質は常に体内に存在しており、観戦初期の生体防御に重要な役割を果たしている。一方獲得免疫とも呼ばれる適応免疫は、リンパ球が作る抗体による特異的な異物感知とその記憶に特徴がある。
     体内に異物が侵入すると、まず樹状細胞が捕食して抗原をばらばらに分解する。そして、その抗原の情報をヘルパーT細胞に渡すのである。ヘルパーT細胞はここで自分の作ったのではないアミノ酸列を認識し、サ..

    コメント11件

    pinktulip 購入
    簡潔にまとめてある。
    2005/12/16 22:38 (11年前)

    LaDyBug 購入
    interesting
    2006/04/18 2:50 (10年8ヶ月前)

    yoshinori 購入
    GOOD!!
    2006/05/08 12:54 (10年7ヶ月前)

    kamada1221 購入
    gj
    2006/07/18 8:13 (10年5ヶ月前)

    tarouw 購入
    よかったです。
    2006/07/31 8:31 (10年4ヶ月前)

    rion41 購入
    参考にさせて頂きます。
    2006/09/06 0:36 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:27 (10年3ヶ月前)

    ko860213 購入
    参考にします
    2006/11/19 13:37 (10年1ヶ月前)

    aaabbbab 購入
    わかりやすいです^^
    2006/12/11 20:29 (10年前)

    takashi 購入
    良くまとまっていたのでわかりやすかったです。
    参考にします。
    2007/01/06 21:28 (9年11ヶ月前)

    pharmacist19 購入
    参考になりました。
    2007/02/01 14:27 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。