ドメスティックバイオレンス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数601
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ドメスティック・バイオレンス」とは、「親密な」関係にある男性から女性への暴力だとされている。「親密な」関係は法的婚姻関係や、現在交際している相手だけに限らない。夫はもちろん、前夫、婚約者、元彼氏まであてはまる。ドメスティック・バイオレンスを広い意味でとらえるならば、男女に限らず、社会的に強い立場の者が弱い立場の者へ権力をふりかざし、暴力をふるう事であり、力と支配の関係と言い換える事ができる。ドメスティック・バイオレンスという言葉は、アメリカの女性解放の運動家たちによって、使われたのが始まりとされている。日本語で直訳すると、「家庭内暴力」となる。しかし日本では、「家庭内暴力」というと親子間の暴力という印象を与えるので、区別するため、ドメスティック・バイオレンスという言葉が使われているのである。
    ドメスティック・バイオレンスという言葉が使われているのである。
    閉ざされた場や、密室での暴力であるドメスティック・バイオレンスは、決して新しい社会現象ではない。性差差別とともに古代社会からあった。かつて、ローマ時代には、夫は妻子を奴隷という所有物として支配し、夫は妻を殺害する権利を持っており、キリスト教の中では、信仰の名のもとに妻の夫への服従を命令し、中世ヨーロッパでは夫の妻に対する身体的制裁権が認められていたという。そして、イタリアではそのような文化がつい最近まで残っていたのだ。さらに、18世紀のイギリスやアメリカで、慣習をもとに作られた法である「コモン・ロー」では、妻は婚姻と同時に法的独立性を失い、既婚女性は夫の所有物とみなされていたという。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    女性学
    テーマ
    ドメスティック・バイオレンス
    1.ドメスティック・バイオレンスとは
    「ドメスティック・バイオレンス」とは、「親密な」関係にある男性から女性への暴力だとされている。「親密な」関係は法的婚姻関係や、現在交際している相手だけに限らない。夫はもちろん、前夫、婚約者、元彼氏まであてはまる。ドメスティック・バイオレンスを広い意味でとらえるならば、男女に限らず、社会的に強い立場の者が弱い立場の者へ権力をふりかざし、暴力をふるう事であり、力と支配の関係と言い換える事ができる。ドメスティック・バイオレンスという言葉は、アメリカの女性解放の運動家たちによって、使われたのが始まりとされている。日本語で直訳すると、「家庭内暴力」となる。しかし日本では、「家庭内暴力」というと親子間の暴力という印象を与えるので、区別するため、ドメスティック・バイオレンスという言葉が使われているのである。
    閉ざされた場や、密室での暴力であるドメスティック・バイオレンスは、決して新しい社会現象ではない。性差差別とともに古代社会からあった。かつて、ローマ時代には、夫は妻子を奴隷という所有物として支配し、夫は妻を殺害す..

    コメント5件

    ko052210 購入
    とても参考になりました!ありがとうございます。
    2006/01/21 0:05 (10年11ヶ月前)

    popozon 購入
    レポートを書くのに戸惑っていましたが、参考になる部分がたくさんありました。
    2006/07/12 22:17 (10年5ヶ月前)

    jeweltiara 購入
    .
    2006/07/13 14:29 (10年5ヶ月前)

    a09086 購入
    参考になりました。
    2007/01/23 23:32 (9年10ヶ月前)

    j051740 購入
    とても助かりました。ありがとうごさいました。
    2007/01/25 8:30 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。