直流安定化電源回路の製作

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,225
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    考察
    1. 日本におけるバイポーラトランジスタは以下のように命名されている。
    2SAxxx PNP型高周波用
          2SBxxx PNP型低周波用
          2SCxxx NPN型高周波用
          2SDxxx NPN型低周波用
    2. 何らかの理由で平滑回路の出力電圧が上昇した場合
    ? かりに、何かの理由で出力電圧が上昇したとする。
    ? Tr1(10kΩ VRに接続しているトランジスタ)のベース電圧もR1:R2(10kΩ VRの比)の分圧比に応じて高くなる
    ? ところがTr1のエミッタ電圧は、ツエナーダイオードDzによって、一定電圧に抑えられているので、Tr1のベース・エミッタ間の電圧は大きくなり、Tr1のベース電流は増加する。
    ? したがって、Tr1のコレクタ電流が増加し、I1も増加する。
    ? その結果、RL(5.1kΩの抵抗)の両端の電圧降下も大きくなり、Tr2のベース電圧は減少し、Tr2(ここでは多段に接続されているトランジスタの事を指す)のベース・エミッタ間の電圧は小さくなる。
    ? そこで、Tr2のベース電流は減少し、Tr2のコレクタ電流I2も減少する。
    ? これはTr2の内部抵抗が大きくなったことを意味し、出力電圧を減少させることになり、出力電圧は一定となる。
    3. 上の説明どおりVRを上の方に動かした場合、Tr1のベース電圧もR1:R2の分圧比に応じて高くなるので、上の結果と同じことになり、出力電圧は減少する。
    4. 3端子レギュレータLM317の特徴は以下の通りである。
     LM317 は、出力電圧1.2 〜 37V で出力電流1.5Aを供給できる正電圧可変型3 端子レギュレータIC です。 出力電圧は外付けの2 個の抵抗で設定でき、通常の固定型レギュレータより優れたライン/ ロード・レギュレーションを実現しています。(データシートより)
    5. 今回の回路と、LM317で作製した場合を比較した場合、リップル率が今回の場合よりも大きくなる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    実験概要
     今回の実験では基本となる電源回路を製作し、特性の測定を行う。
    実験方法
    始めに以下の図の回路を作製する。
    安定化回路に負荷を接続し、特性を測定した。以下のようになった。
    出力電流 I(A) 直流分 VDC(V) 交流分 VAC(mV) 電圧変動率 δ(%) リップル百分率 γ(%) 0.0 10 15 0 0.42 0.1 10 18 0 0.51 0.2 10 16 0 0.45 0.3 10 14 0 0.40 0.4 10 15 0 0.42 0.5 10 20 0 0.57 0.6 10 25 0 0.71 0.7 10 28 0 0.79 0.8 10 33 0 0.93..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。