CR発振回路の設計・製作

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数4,050
ダウンロード数82
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    実験概要
     今回の実験では、まず発振回路を設計することから始めた。まず初めに、CR位相遷移回路の設計をした。CR位相遷移回路は一つで60°づつずらし、3つあわせて、180°ずらすようにした。
     次に、エミッタ接地増幅器の電流帰還バイアス回路を設計した。電圧増幅率を200倍とした。
     すべての抵抗の値が決定すると、テスト基盤で動作を確認した。動作を確認した後、ユニバーサル基盤に半田付けをした。
     次に、その半田付けした基盤を使用して、オシロスコープで発振周波数と振幅を確認した。
     最後に、位相遷移回路でどのくらい位相がずれていくのかを観測した。

    目的
     CR移相型発振回路を設計製作し、実際に正弦波を発生させる。

    実験方法
    1. まず初めに、以下のようにCRで位相をずらす回路を設計した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    電気工学実験
    テーマ :発振回路の設計と製作
    実験概要
     今回の実験では、まず発振回路を設計することから始めた。まず初めに、CR位相遷移回路の設計をした。CR位相遷移回路は一つで60°づつずらし、3つあわせて、180°ずらすようにした。
     次に、エミッタ接地増幅器の電流帰還バイアス回路を設計した。電圧増幅率を200倍とした。
     すべての抵抗の値が決定すると、テスト基盤で動作を確認した。動作を確認した後、ユニバーサル基盤に半田付けをした。
     次に、その半田付けした基盤を使用して、オシロスコープで発振周波数と振幅を確認した。
     最後に、位相遷移回路でどのくらい位相がずれていくのかを観測した。
    目..

    コメント8件

    youichi25 購入
    考察が良くまとまっており評価できる。
    2005/10/28 8:11 (11年1ヶ月前)

    elt873 購入
    構成がとても参考になりました
    2006/03/21 12:28 (10年8ヶ月前)

    seoseo 購入
    参考になりました
    2006/07/11 16:03 (10年5ヶ月前)

    ic051203 購入
    わかりやすかった
    2006/07/20 22:03 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    参考にさせていただきます。
    2006/07/30 23:36 (10年4ヶ月前)

    rion41 購入
    参考にさせて頂きます。
    2006/09/06 0:22 (10年3ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:29 (10年3ヶ月前)

    masafm 購入
    参考にさせていただきます
    2007/05/22 17:32 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。