研究組織;国際比較研究における第3の要素

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数537
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国際比較研究は、ある特定プロジェクトの遂行(すいこう)を支え、また研究への様々な関連当事者の活動を組織化する研究上の下部(かぶ)組織(そしき)(infrastructure)を必要とします。
     この論文において、われわれは国際比較研究を支援し、研究協力を促進するために、現在ヨーロッパにある一般的な研究組織(その中で、ウィーン・センター;社会科学における調査研究および資料作成のためのヨーロッパ共同センター)を例としてあげ、検討しています。
    1.比較研究の理由と機会
    国際比較研究を行う三つの理由
    ●比較研究は、人間行為における規則性の探求と、異なる国々、あるいは社会―経済体制で用いられる選択的戦略の分析とを可能にするからであります。
     ●われわれが無意識のうちに身につけて視野を狭くしている理論的・方法論的目隠しの性質は何かを確認させてくれる。:「土着種化」(indigenisation)−あるいは社会科学の特定の地域的環境への定着化−こそが事実、普遍化への道であると考える見解。
    ●一般的に様々な国および社会経済体制からの学者たちが、一緒に研究する可能性と必要性とを提供するということである。
    社会科学は極めて鋭い政治的感受性を持っている。ヨーロッパにおける現在の政治的雰囲気はそれを可能にし、そうした作業を行うように義務付けさえしている。
     国際的な協力者間の利益と情報共有とを含む合同協力プロジェクトはいまやますます強調されております。
    2.研究組織の多様性
    国際的な科学活動のための一般的研究組織は極めて多様である。それは、全世界的・地域
    的および下部的な地域的レベルで様々な機関を通じて動いている。その資金は、政府、準政府的機関、民間財団などから出ている。これら一般的組織はヨーロッパと北アメリカにひどく偏っており、研究組織が目覚しい比率で増加しているという特徴が目立つ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第8章 研究組織;国際比較研究における第3の要素
     国際比較研究は、ある特定プロジェクトのを支え、また研究への様々な関連当事者の活動を組織化する研究上の(infrastructure)を必要とします。
     この論文において、われわれは国際比較研究を支援し、研究協力を促進するために、現在ヨーロッパにある一般的な研究組織(その中で、ウィーン・センター;社会科学における調査研究および資料作成のためのヨーロッパ共同センター)を例としてあげ、検討しています。
    比較研究の理由と機会
    国際比較研究を行う三つの理由
    ●比較研究は、人間行為における規則性の探求と、異なる国々、あるいは社会―経済体制で用いられる選択的戦略の分析とを可能にするからであります。
     ●われわれが無意識のうちに身につけて視野を狭くしている理論的・方法論的目隠しの性質は何かを確認させてくれる。:「土着種化」(indigenisation)-あるいは社会科学の特定の地域的環境への定着化-こそが事実、普遍化への道であると考える見解。
    ●一般的に様々な国および社会経済体制からの学者たちが、一緒に研究する可能性と必要性とを提供するということで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。