サプライチェーンの範囲

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数604
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    サプライチェーンの範囲
    ある企業の活動は、他の企業の活動とあいまって初めて最終消費者に製品を提供することができる。例えば、製造会社の場合、原料の採取から部品会社、卸し、小売企業を経て最終消費者への販売までの活動はチェーンのようなつながった長いプロセスとして初めて付加価値を形成していることがわかる。
    多くの文献でデザイン、マーケティング、調達、製造及び物流から構成されている。サプライチェーンの概念は、基本的には企業内価値連鎖を拡大し、産業あるいはチャネルレベルで拡大したものであると思われる。
    サプライチェーンの範囲は、製販同盟のように製造会社と小売企業間にとどまるものではなく、原料採取から使用済み製品の回収まで含めることができる。しかし、サービス産業である旅行業にこういったサプライチェーンの範囲はこのように変わると考える。旅行業におけるサプライチェーンとはホテル、航空会社、JR、レンタカーなどの各サプライヤーから旅行素材を借りて、それを組立たり、単一商品で販売し、旅行者の旅行後のアフターサービスまでといえる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    サプライチェーンの範囲
    ある企業の活動は、他の企業の活動とあいまって初めて最終消費者に製品を提供することができる。例えば、製造会社の場合、原料の採取から部品会社、卸し、小売企業を経て最終消費者への販売までの活動はチェーンのようなつながった長いプロセスとして初めて付加価値を形成していることがわかる。
    図 サプライチェーンモデル
      
      サプライヤー       当    社       顧   客   
                              出所:清水 考(1998)p.448.
    上の図は、サプライヤーのサプライヤーから顧客の顧客に至る流れが示されている。多くの文献でデザイン、マ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。