SCMの理論的背景

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数796
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    SCMに関する理論的考察
    SCMの理論的背景
    消費者のニーズが多様化、高度化する中で、消費財業界においては、消費者の需要を積極的に創造するとともに消費者のニーズに迅速に対応した効率的な流通システムを構築し、一層高い消費者評価をもたらしていく事が必要になっている中 光政(2000) 。
    また、インターネットの普及もその背景である。
    インターネットの驚異的な成長率は以下の事柄を起こすだろう。
    ・ダイナミックなグローバルネットワークが従来的に出現し、消費者が実際に小売店舗にいかなくても、商品を選べる。
    ・このネットワークが有用なのは、インターネットを媒介とした購入行動にマーケティング戦略を適合させる仕組みを開発した多国籍企業や先端のニッチ企業に対してである。
    ・このインターネット購入というマーケティング・セグメントの大きさは、パーソナルコンピュータ数とソフトウエアの種類と数が増えるにつれ、幾何級数的に拡大する。
    ・この媒介が従来の消費パータンへの主要リンクとなる
    ・技術ベースの体験が好きな消費者には、コンピュータ体コンピュータのオンライン・ビジネス・トランザクションが買物の革命的方法となる。これは、新しい消費者層の成長しているセグメントである。
    ・競争優位を望むサプライチェーンは、成長するネットワークによって大量に生じる注文に対応する算段を講じる必要があろう。
    ・上記のような対応策を講じるに際しては、買い手に不快感を与えずに確実に迅速な応対ができる流通チャネルを通じて、適切なネットワークへの接続と現代的な顧客対応手段が必要となるだろう。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    SCMに関する理論的考察
    SCMの理論的背景
    消費者のニーズが多様化、高度化する中で、消費財業界においては、消費者の需要を積極的に創造するとともに消費者のニーズに迅速に対応した効率的な流通システムを構築し、一層高い消費者評価をもたらしていく事が必要になっている中 光政(2000) 。
    また、インターネットの普及もその背景である。
    インターネットの驚異的な成長率は以下の事柄を起こすだろう。
    ダイナミックなグローバルネットワークが従来的に出現し、消費者が実際に小売店舗にいかなくても、商品を選べる。
    このネットワークが有用なのは、インターネットを媒介とした購入行動にマーケティング戦略を適合させる仕組みを開発した多国籍企業や先端のニッチ企業に対してである。
    このインターネット購入というマーケティング・セグメントの大きさは、パーソナルコンピュータ数とソフトウエアの種類と数が増えるにつれ、幾何級数的に拡大する。
    この媒介が従来の消費パータンへの主要リンクとなる。
    技術ベースの体験が好きな消費者には、コンピュータ体コンピュータのオンライン・ビジネス・トランザクションが買物の革命的方法となる。これは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。