四万温泉地の現状、課題、方向

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数640
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    四万温泉地の現状、課題、方向

    温泉に出かけることを、湯治に行くという。湯治と字義どおりに言えば、温泉に含まれている色んな化学成分で体の不健康な部分を治療することだが、一般の庶民感覚からすれば、そういう意味合いのほかに、物見遊山的気分がつきものである。
    多くの人々の温泉志向は、たとえば山間の自然環境に恵まれた温泉地で、紅葉を愛でながら乳白色のユニークな温泉の露天風呂に浸かって安らぎを覚えることであり、それが温泉情緒を沸き立たせてくれることになり、そこでは温泉の質による治療効果は期待されていないのである。今ではストレス解消を目的で週末を利用した一泊二日の旅行が多い。
    しかし、現在日本の観光地の代表であった温泉地も市場変化によって低迷である。その原因は多種多様な観光地の登場、観光地数の増大、海外の観光地との競争などであるが、観光客の多様なニーズの変化に合わせなかった点が大きい。温泉地もこういた変化にいろいろ方向で対応している。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    13.5.19
    四万温泉地の現状、課題、方向
    温泉に出かけることを、湯治に行くという。湯治と字義どおりに言えば、温泉に含まれている色んな化学成分で体の不健康な部分を治療することだが、一般の庶民感覚からすれば、そういう意味合いのほかに、物見遊山的気分がつきものである。
    多くの人々の温泉志向は、たとえば山間の自然環境に恵まれた温泉地で、紅葉を愛でながら乳白色のユニークな温泉の露天風呂に浸かって安らぎを覚えることであり、それが温泉情緒を沸き立たせてくれることになり、そこでは温泉の質による治療効果は期待されていないのである。今ではストレス解消を目的で週末を利用した一泊二日の旅行が多い。
    しかし、現在日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。