分散処理情報通信システムと経営パラダイム

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数291
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    序章 分散処理情報通信システムと経営パラダイム
    キーワード:分散処理情報システム、オープン型経営、囲い込み型経営、戦略提携型ネットワーク
    概要:
    分散処理情報通信システムの時代にいかなる経済構造が現れ、いかなる企業戦略が成功するのかを探るのがこの本の主要なテーマである。分散処理情報通信システムと新たな経済構造のかかわりを分析する。
    今、情報通信ネットワークの進化が第二段階とでもいうべき局面を迎え、従来とは異なった様相を示し始めている。業務の現場から隔離(かくり)された奥の院に鎮座(ちんざ)する大方コンピュータが業務の情報や処理機能を集中して持っていた時代は終わり、より現場の近いところに置かれた小型コンピュータが仕事を分散させて担当し、必要なデータを通信ネットワークを通じて自由に交換する時代に進んでいる。
    従来の「囲い込み型経営」から「オープン型経営」への変っていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    オープン・ネットワーク経営 (国領二郎、1995)                   2002.4.16.
    序章 分散処理情報通信システムと経営パラダイム
    キーワード:分散処理情報システム、オープン型経営、囲い込み型経営、戦略提携型ネットワーク
    概要:
    分散処理情報通信システムの時代にいかなる経済構造が現れ、いかなる企業戦略が成功するのかを探るのがこの本の主要なテーマである。分散処理情報通信システムと新たな経済構造のかかわりを分析する。
     今、情報通信ネットワークの進化が第二段階とでもいうべき局面を迎え、従来とは異なった様相を示し始めている。業務の現場からされた奥の院にする大方コンピュータが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。