報通信システムと経営のオープン化

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数421
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    3.報通信システムと経営のオープン化

    キーワード: オープン・システム、オープン化、アーキテクチャ、標準インターフェース(標準化)、クローズド・システム
    概要:
    従来の囲い込み型クローズド戦略からオープン戦略に変ってきた。オープン戦略は社会的に共用された標準仕様を採用し、自社の製品が他社製品と組み合わされることを前提とする戦略である。経営のオープン化は商品のオープン化、ロジスティクスオープン化、経営資源のオープン化を意味する。
    クローズド型戦略とは情報関連機器をフルライン取り揃え、顧客となった会社のすべての情報関連機器を自社ブランド機器で埋めること、このため中核となる機械と周辺機器とのインターフェースを独自化し、他社製品との切り替え費用を高くすることでコンピュータ産業から見ると70年代のIBMの戦略である。その反面オープン型戦略とは得意な機器に特化し、これについては大多数(だいたすう)のユーザーに自社システムを採用してもらうことでそのために自社機器と他の機械とのインターフェースに徹底的に標準を作用し、どの機械をつかっていても自社製品を採用してもらえるようにすること。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    オープン・ネットワーク経営 (国領二郎、1995)                   2002.4.16.
    3.報通信システムと経営のオープン化
    キーワード: オープン・システム、オープン化、アーキテクチャ、標準インターフェース(標準化)、クローズド・システム
    概要:
    従来の囲い込み型クローズド戦略からオープン戦略に変ってきた。オープン戦略は社会的に共用された標準仕様を採用し、自社の製品が他社製品と組み合わされることを前提とする戦略である。経営のオープン化は商品のオープン化、ロジスティクスオープン化、経営資源のオープン化を意味する。
    クローズド型戦略とは情報関連機器をフルライン取り揃え、顧客..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。