情報化とオープン・アーキテクチャ戦略

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数639
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    情報化時代を動かす三つの要因
    情報化とオープン・アーキテクチャ戦略、なぜともに進展しているのか。
    その要因は?
    ?機械系システムの能力向上と人間の認知限界
    ?ネットワークの普及による情報の非対称性の構造変化
    ?情報と媒体のアンバンドルによる情報の非物財的特性の表面化
    作用し合って、多様な主体が発信する情報を総合させることで価値が生まれる経済を形成している。
    情報技術によって
    ?機械系システムの能力向上と人間の認知限界
    全体システムを人間系システムと機械系システムの複合システムととらえ、機械の性能が今後ますます向上することを考えると、人間系システムと機械系システムの能力向上にアンバランスがある状態は、さらに強まると思われる。人間の情報処理能力が機械に追いつかないため、人間にかかる負担が大きくなり、人間の希少な情報処理能力の利用効率を極大にするようなシステム設計が求められている。
    モジュール化
    ?ネットワークの普及による情報の非対称性の構造変化
    顧客への情報量が大きくなって情報の逆転現象までみられるようになる。それは、メーカからの情報だけではなく、第三者、顧客間の情報もネットワークを通じて流れるようになったからである。それを取り込むビジネスモデルがサービス化モデルである。継続的な付き合いの中で顧客情報が得られ、個別化したサービス・メニューで利潤を獲得できるからである。顧客の情報を付加価値としてビジネスモデルに取り込む場合(プラットフォーム・ビジネス)、あくまでも「購買代理業者」としての立場を堅持しなくてはならない。
    顧客からの信頼性を失うからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報化時代を動かす三つの要因
    情報化とオープン・アーキテクチャ戦略、なぜともに進展しているのか。
    その要因は?
    機械系システムの能力向上と人間の認知限界
    ネットワークの普及による情報の非対称性の構造変化
    情報と媒体のアンバンドルによる情報の非物財的特性の表面化
    作用し合って、多様な主体が発信する情報を総合させることで価値が生まれる経済を形成している。
    情報技術によって
    機械系システムの能力向上と人間の認知限界
    全体システムを人間系システムと機械系システムの複合システムととらえ、機械の性能が今後ますます向上することを考えると、人間系システムと機械系システムの能力向上にアンバランスがある状態は、さらに強まると思われる。人間の情報処理能力が機械に追いつかないため、人間にかかる負担が大きくなり、人間の希少な情報処理能力の利用効率を極大にするようなシステム設計が求められている。
    モジュール化
    ネットワークの普及による情報の非対称性の構造変化
    顧客への情報量が大きくなって情報の逆転現象までみられるようになる。それは、メーカからの情報だけではなく、第三者、顧客間の情報もネットワークを通じて流れるよ..

    コメント1件

    iloveyou 購入
    内容がいまいちです。
    2007/06/16 1:54 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。