卵アレルゲンの分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数812
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ● 目的
     森永生科学研究所製キットを用い、離乳食中の卵白アルブミンの分析を行う。
    ● 原理
     一次反応として、調製済の抗体プレートに試料を添加することにより抗原抗体反応がおき、
     二次反応で、一次反応でできた複合体に酵素標識した抗体を結合させ、酵素基質溶液を加えると酵素基質複合体ができ呈色する。吸光度より標準曲線をひき資料中のアルブミン濃度を算出する。
    ● 準備物
    1. 器具 モリナガ卵測定キット、ミルサー、メスシリンダー、プラスチック遠心管、遠心分離機、5Aろ紙、1.5mlマイクロチューブ、マイクロピペット、マイクロプレート用洗浄機、光度計
    2. 試薬 標準用液、酵素ラベル抗卵白アルブミン抗体、酵素基質溶液、反応停止液、検体希釈液、洗浄液
    ● 実験方法
     固形サンプルを均一に粉砕し、ミルサーカップに2g量りとる。
     検体希釈液38mlを加え30秒間隔で3回(家庭用なので一気にできない)ミキサーにかけ、プラスチク遠心管に移す。
     10,000rpmで15min遠心機にかける。
     上澄を5Aろ紙でろ過し検液とする。
     検液20μlを1.5mlマイクロチューブにとり、380μlの検体希釈液を加え混合し20倍希釈液とする。
     モジュールをフレームにセットし、各ウェルに標準液(ブランク、4ng、16ng、32ng)、検液(20倍、原液、各2連づつ)を100μlづつ添加する。
     蓋をして正確に1時間静置する。
     ミニラボウォッシャーを用いウェル内の液を完全に除去し、各ウェル当たり300μlの洗浄液で6回洗浄する。
     酵素基質液を各ウェルに100μl添加する。
     蓋をして遮光下で正確に10分静置する。
     反応停止液を各ウェルに100μlづつ添加する。
     30分以内に450nmでの吸光度をプレートリーダーで測定する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    卵アレルゲンの分析
    目的
    森永生科学研究所製キットを用い、離乳食中の卵白アルブミンの分析を行う。
    原理
    一次反応として、調製済の抗体プレートに試料を添加することにより抗原抗体反応がおき、
    二次反応で、一次反応でできた複合体に酵素標識した抗体を結合させ、酵素基質溶液を加えると酵素基質複合体ができ呈色する。吸光度より標準曲線をひき資料中のアルブミン濃度を算出する。
    準備物
    器具 モリナガ卵測定キット、ミルサー、メスシリンダー、プラスチック遠心管、遠心分離機、
       5Aろ紙、1.5mlマイクロチューブ、マイクロピペット、マイクロプレート用洗浄機、
    光度計
    試薬 標準用液、酵素ラベル抗卵白アルブミン抗体、酵素基質溶液、反応停止液、検体希釈液、
    洗浄液
    実験方法
    固形サンプルを均一に粉砕し、ミルサーカップに2g量りとる。
    検体希釈液38mlを加え30秒間隔で3回(家庭用なので一気にできない)ミキサーにかけ、プラスチク遠心管に移す。
    10,000rpmで15min遠心機にかける。
    上澄を5Aろ紙でろ過し検液とする。
    検液20μlを1.5mlマイクロチューブにとり、380μlの検体希釈液を加え混合..

    コメント1件

    omaru1515 購入
    価格が高いと感じるが、内容は満足
    2006/06/21 22:36 (10年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。