アスコルビン酸の分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数3,030
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ● 目的
     DNP法を用い試料中のアスコルビン酸を定量する。
    ● 準備物
    1.器具
    恒温漕、分光光度計、共栓試験管、ビーカー、メスピペット、安全ピペッター、ビューレット、ロート
    2.試薬
    5%メタリン酸、2%チオ尿素/5%メタリン酸、0.03%DCP(ジクロロフェノールインドフェノールNa)、2%DNP/9N硫酸、85%硫酸、アスコルビン酸標準液(20mg/100ml 5%メタリン酸)
    ● 実験操作
     試料5mlに5%メタリン酸20mlを加え撹拌
     共栓試験管2本にそれぞれ試料希釈液2mlを入れる(空試験と本試験用)
     各検量線用標準液を2mlづつ2本の共栓試験管に入れる(空試験と本試験用)
     各試験管にDCPを1ml加え、1分後もピンク色が残存していることを確認
     チオ尿素溶液を各試験管2mlづつ添加
     各本試験用試験管にのみDNP溶液を1ml加える
     全試験管を恒温漕で放置(50℃、70分)
     反応終了後試験管を氷水に漬ける
     各試験管に(氷水に漬けた状態で)85%硫酸5mlをビュレットを用いてゆっくり滴下
     各空試験管にDNP溶液を1ml加える
     30分放置後520nmで吸光度測定
     検量線を用いて試料中の総ビタミンCを算出

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アスコルビン酸の分析
    目的
    DNP法を用い試料中のアスコルビン酸を定量する。
    準備物
    1.器具 恒温漕、分光光度計、共栓試験管、ビーカー、メスピペット、安全ピペッター、ビューレット、ロート
    2.試薬 5%メタリン酸、2%チオ尿素/5%メタリン酸、0.03%DCP(ジクロロフェノールインドフェノールNa)
        2%DNP/9N硫酸、85%硫酸、アスコルビン酸標準液(20mg/100ml 5%メタリン酸)
    実験操作
    試料5mlに5%メタリン酸20mlを加え撹拌
    共栓試験管2本にそれぞれ試料希釈液2mlを入れる(空試験と本試験用)
    各検量線用標準液を2mlづつ2本の共栓試験管に入れる(空試験と本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。