見せ金に関する考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数681
ダウンロード数54
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    見せ金というのは株式払込の仮装の一態様を指す実際界の用語であるが、一般的には、発起人が取扱銀行等以外の第三者から借入をなし、これをもって株式の払込に充て、会社成立後できるだけ短期間に払込金を払込取扱銀行等から引き出してこれを借入先に返済するという方法で株式払込を仮装することを指すと考えられている。
    見せ金による株式払込の効力については、これを有効とする立場と無効とする立場とが対立している。下級審判例の多くは無効説を採ってきている。
    有効説は、見せ金による払込の場合にも、金員の移動による現実の払込が存するのであって、たとえそれが実際上は払込の仮装手段として利用されているとしても、それは当該払込をなす発起人の主観的意図の問題にすぎず、会社の関知しないところであり、払込をなす発起人に真実株式払込をする意思がなかったとしても、株式払込の形がとられた限り、株式会社の設立という集団的手続現象の一環をなす株式払込の問題として、かかる心裡留保的問題を理由に払込の効力を否定すべきでなく、取扱銀行等において払い込まれた金員が見せ金であることを認識していたとしても、法律的には会社に対する株式の払込であることに変りがない以上、この事情をいわば善意の第三者たる地位にある成立した会社には対抗しえないと解すべしとしている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                「見せ金」に関する考察
    見せ金というのは株式払込の仮装の一態様を指す実際界の用語であるが、一般的には、発起人が取扱銀行等以外の第三者から借入をなし、これをもって株式の払込に充て、会社成立後できるだけ短期間に払込金を払込取扱銀行等から引き出してこれを借入先に返済するという方法で株式払込を仮装することを指すと考えられている。
    見せ金による株式払込の効力については、これを有効とする立場と無効とする立場とが対立している。下級審判例の多くは無効説を採ってきている。
    有効説は、見せ金による払込の場合にも、金員の移動による現実の払込が存するのであって、たとえそれが実際上は払込の仮装手段として利用されているとしても、それは当該払込をなす発起人の主観的意図の問題にすぎず、会社の関知しないところであり、払込をなす発起人に真実株式払込をする意思がなかったとしても、株式払込の形がとられた限り、株式会社の設立という集団的手続現象の一環をなす株式払込の問題として、かかる心裡留保的問題を理由に払込の効力を否定すべきでなく、取扱銀行等において払い込まれた金員が見せ金であることを認識していたとし..

    コメント9件

    ito0606 購入
    かなり参考になりました。
    2005/10/27 11:32 (11年1ヶ月前)

    sefiroth 購入
    参考文献が知りたい。
    2005/12/16 15:29 (11年前)

    bayerun 購入
    参考になりました。
    2006/05/19 18:42 (10年7ヶ月前)

    a3051657 購入
    参考になりました。
    有難うございました。
    2006/07/23 18:29 (10年4ヶ月前)

    tarouw 購入
    参考にさせて頂きました。
    2006/07/30 10:39 (10年4ヶ月前)

    apple69hoppe 購入
    .
    2006/08/19 0:29 (10年4ヶ月前)

    koshikaban 購入
    good
    2006/09/07 3:29 (10年3ヶ月前)

    naotan 購入
    参考になりました
    2006/09/21 10:10 (10年3ヶ月前)

    blacksarena 購入
    参考になりました
    2006/12/10 14:41 (10年前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。