ヤマアラシのジレンマ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,989
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (問題文)
    ある冬の日、寒さに凍えた二匹のヤマアラシがお互いに暖め合っていた。ところが彼らは、自分たちのトゲでお互いを刺してしまうことに気付いた。そこで彼らは、離れてみたが今度は寒くなってしまった。
    ・・・・・これこそがヤマアラシのジレンマである。         (ショーペンハウエルの寓話より)
    以上の文章を参考にして、現代社会における問題を一つ取り上げて、その解決策について論じよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (問題文)
    ある冬の日、寒さに凍えた二匹のヤマアラシがお互いに暖め合っていた。ところが彼らは、自分たちのトゲでお互いを刺してしまうことに気付いた。そこで彼らは、離れてみたが今度は寒くなってしまった。
    ・・・・・これこそがヤマアラシのジレンマである。         (ショーペンハウエルの寓話より)
    以上の文章を参考にして、現代社会における問題を一つ取り上げて、その解決策について論じよ。
     この問題文の筆者は、ヤマアラシが寒さを防ぐために暖め合おうとするとトゲが刺してしまうので、離れてしまうと寒いというジレンマについて述べている。つまり、ヤマアラシが近づいても害があるし、離れてみても害がある。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。