映画の上映に対する公的規制の是非

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数389
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     私は、映画上映に対する公的規制を行う必要があるあとする立場に立つ。
     公的規制の具体例として、現在映画の中には、18才以下は見てはいけないなどと禁止しているものがある。
     なぜ公的規制の必要がある立場に立つかというと、公的規制を行うことにより、社会の秩序を守り、安定させることができるからである。
     それでは、なぜ社会の秩序を守ることが必要かについて考える。現在起きている犯罪の低年齢化や、映画などを類似した事件の残酷化を防ぐことができるからだと思う。その代表例として、去年長崎で起こった小学六年生の少女が同級生を殺害した事件が挙げられる。この事件において、加害者の少女は、バトルロワイヤルという映画を見ていてその映画の真似をして犯行を行ったという報道をテレビ番組で見た。つまり、この映画が少女の精神に何らかの影響を与えていたというのである。しかも、このような事件は減るどころか増加してきている。このような事件を防ぐ為に、ある程度の年齢で見ることを制限する必要はあるといえる。
     しかし、反対の立場から次のような意見があるかもしれない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    私は、映画上映に対する公的規制を行う必要があるあとする立場に立つ。
    公的規制の具体例として、現在映画の中には、18才以下は見てはいけないなどと禁止しているものがある。
    なぜ公的規制の必要がある立場に立つかというと、公的規制を行うことにより、社会の秩序を守り、安定させることができるからである。
     それでは、なぜ社会の秩序を守ることが必要かについて考える。現在起きている犯罪の低年齢化や、映画などを類似した事件の残酷化を防ぐことができるからだと思う。その代表例として、去年長崎で起こった小学六年生の少女が同級生を殺害した事件が挙げられる。この事件において、加害者の少女は、バトルロワイヤルという映画を見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。