刑法 逮捕監禁罪

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数543
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    刑法 逮捕監禁罪(221条)
     逮捕監禁罪は、身体の場所的移動の自由である。Aは、Bを閉じこめようと考え、Bが寝てる部屋に外から施錠したが、思い直し寝ている間に解錠した場合どうするのか??
     これについては、二つ学説がある。二つを述べて検討する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    刑法 逮捕監禁罪(221条)
     逮捕監禁罪は、身体の場所的移動の自由である。Aは、Bを閉じこめようと考え、Bが寝てる部屋に外から施錠したが、思い直し寝ている間に解錠した場合どうするのか??
     これについては、二つ学説がある。二つを述べて検討する。
    現実的自由説とは、移動の自由を現実に移動しようと思ったときに移動しうる自由、すなわち、現実的自由を保護するものであるとし、睡眠中の者については自己が監禁されていることを認識したときからしか監禁罪は成立しないとする。
    可能的自由説とは、移動の自由を可能的自由、すなわちもし移動しようと思えば移動しうる自由と解し睡眠中の者についても監禁罪が成立するとする。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。