脅迫罪

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,289
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「脅迫罪」
    1(.条文の内容)222条生命、身体、自由、名誉又は財産に対し*害を加える旨を告知して*人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万以下の罰金に処する。
    2.疑問
    *の部分、告知する害悪とはそれ自体違法であることを要するのか??
    →例えば、告訴権の行使や不正を告発すると告知することが脅迫に当たるのか??
    この疑問について四つの説を挙げる。
    3.(学説)
    ? 違法な事実の告知は違法足りえないとする否定説も有力であるとするが、
    ? 判例と通説は真実権利を行使する意思がなく相手を畏怖させるのが目的であるとき脅迫に当たるとする。しかし、これでは告訴権の行使だとしたらなにをやってもよいのだろうか??と疑問が出る。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    {刑法}
    「脅迫罪」
    1(.条文の内容)222条生命、身体、自由、名誉又は財産に対し*害を加える旨を告知して*人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万以下の罰金に処する。
    2.疑問
    *の部分、告知する害悪とはそれ自体違法であることを要するのか??
    →例えば、告訴権の行使や不正を告発すると告知することが脅迫に当たるのか??
    この疑問について四つの説を挙げる。
    3.(学説)
    違法な事実の告知は違法足りえないとする否定説も有力であるとするが、
    判例と通説は真実権利を行使する意思がなく相手を畏怖させるのが目的であるとき脅迫に当たるとする。しかし、これでは告訴権の行使だとしたらなにをやってもよいのだろ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。