民法 債権法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数404
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート法学民法問題契約債権法売買

    代表キーワード

    民法債権法

    資料紹介

    問? AがBからものを購入し、代金を払ったにも関わらず、Bは引き渡しを拒絶している。Bが引き渡しを拒む理由として、考えられるものをあげ、さらにそれに対する、Aの反論を考えよ。
    問? AがBにものを売却し、ものを引き渡したにも関わらず、Bは代金支払いを拒絶している。Bが代金支払いを拒む理由として、考えられるものをあげ、さらにそれに対する、Aの反論を考えよ。
    問?
    検討してみて二つの解答が考えることができた。
     一つは、Bがそのものを無くしてしたか、壊してしまい引き渡しが不可能であるが理由の場合である。この時Bに責任がないと、一方の債務の履行が不可能になって消滅したリスクを当事者のいずれかが負担するかという危険負担となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     民法
    AがBからものを購入し、代金を払ったにも関わらず、Bは引き渡しを拒絶している。Bが引き渡しを拒む理由として、考えられるものをあげ、さらにそれに対する、Aの反論を考えよ。
    AがBにものを売却し、ものを引き渡したにも関わらず、Bは代金支払いを拒絶している。Bが代金支払いを拒む理由として、考えられるものをあげ、さらにそれに対する、Aの反論を考えよ。
    問①
    検討してみて二つの解答が考えることができた。
     一つは、Bがそのものを無くしてしたか、壊してしまい引き渡しが不可能であるが理由の場合である。この時Bに責任がないと、一方の債務の履行が不可能になって消滅したリスクを当事者のいずれかが負担するか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。