情報処理 インターネットの倫理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数523
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    インターネット倫理について
    (1)インターネットによりほしい情報をリアルタイムで手に入れることや誰でも見れ簡単に情報が手に入れる事ができる。
    (例)?電子商法取引(オンラインショッピング)買い物をしたい人はパソコンを開く。?個人同士の商品取引(ネットオークション)日常品から様々な物を取引する。?携帯電話での電子メール 持ち歩けたり、小さなボタンで打てるというメリットがある。
    ところが、問題として、ネットサーフィン有害サイトや違法サイトがあるが通信の秘密や表現の自由があるため規制しにくい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等情報処理1
    インターネット倫理について
    インターネットによりほしい情報をリアルタイムで手に入れることや誰でも見れ簡単に情報が手に入れる事ができる。
    (例)①電子商法取引(オンラインショッピング)買い物をしたい人はパソコンを開く。②個人同士の商品取引(ネットオークション)日常品から様々な物を取引する。③携帯電話での電子メール 持ち歩けたり、小さなボタンで打てるというメリットがある。
    ところが、問題として、ネットサーフィン有害サイトや違法サイトがあるが通信の秘密や表現の自由があるため規制しにくい。
    (例)①買い物をする時振り込むのに個人情報が不可欠なので盗まれて悪用化が増加。②不正アクセス(他..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。