女性の幸せについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数420
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート社会学女性結婚負け犬幸せ

    代表キーワード

    社会

    資料紹介

    2003年に出版された酒井順子著負け犬の遠吠えが論争のきっかけとなった。その本に置いて、「未婚、子なし三十才以上」の女性を負け犬の定義とし、独身キャリア女性と専業主婦の対立の構図へと発展していった。この対立の背景には「結婚=女性の幸せ」という日本社会に根強く残る人生観があり、一方で未婚の増加により少子化という現象が社会現象の破綻という懸念と結びつき、より鋭い対立構図を生んでいる。
     私は、女性の幸せが家庭に入ることとは限らないと考える。
     まず、専業主婦は経済的に夫に依存することであり、自立できていない存在である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     女性にとっての幸せ
     2003年に出版された酒井順子著負け犬の遠吠えが論争のきっかけとなった。その本に置いて、「未婚、子なし三十才以上」の女性を負け犬の定義とし、独身キャリア女性と専業主婦の対立の構図へと発展していった。この対立の背景には「結婚=女性の幸せ」という日本社会に根強く残る人生観があり、一方で未婚の増加により少子化という現象が社会現象の破綻という懸念と結びつき、より鋭い対立構図を生んでいる。
     私は、女性の幸せが家庭に入ることとは限らないと考える。
     まず、専業主婦は経済的に夫に依存することであり、自立できていない存在である。生活費にあてるため、あるいは、自己満足のために、外で働く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。